知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
外国へ出願するおすすめの方法は?

外国に関する質問

外国へ出願するおすすめの方法は?

外国へ出願する方法がいくつかあると聞きました。どのような方法で出願するのがよいのかわかりません。おすすめの方法を教えてください。

それぞれのメリットとデメリットを考慮しましょう。

外国へ出願する方法として、以下の2つの方法があります。

  1. 各国への直接出願手続をするパリ優先ルート
  2. PCT(特許協力条約)に基づく国際出願を経由して各国へ移行するPCTルート

1のパリ優先ルートでは、通常、日本でした国内出願を基に、パリ優先権を主張して各国に出願手続をします。パリ優先権というのは、「パリ条約によって認められる優先権」の業界用語で、他国での出願について、最初の出願に基づいて日付などの面で優先的な扱いを受けられる権利のことです。

例えば、アメリカ、中国、韓国に出願したい場合、各国の形式、言語の出願書類を作成し、出願します。パリ優先権を主張するには、これを、最初の出願(例えば日本での出願)の出願日から1年以内に行う必要があります。

パリ優先ルートでは、最初の出願から1年という短い期間で各国の特許庁に対して出願手続をする必要があります。そのため、出願時に必ず売れると確信があり、販売する国が絞られている(2,3か国)場合にはぜひ利用したい制度です。

しかし、特許を出願すべきか確信が持てず、どの国で販売すべきかどうか決まっていないが、できるだけ多くの国で販売したいと考えている場合には、この制度を利用することが難しく、ひいては企業活動の阻害要因となってしまいます。

このような不便を解消するのが2のPCTルートです。PCTルートでは、日本語で一定の形式に従ったPCTに基づく国際出願をすることにより、各国の翻訳文を提出するなどの移行手続きを出願日から最長2年6ヶ月(30か月)に繰り延べることができます。そのため、どの国で必要な特許なのか検討する時間を確保することができます

PCTルートでは、短い期間で各国ごとにそれぞれの形式や言語に応じた出願をしなくても、単一言語で単一形式の出願で国内出願としての効果が生じ、各国における出願日を確保できるのです。

回答日:2016年6月10日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A