知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
外国へ出願するおすすめの方法は?

外国に関する質問

外国へ出願するおすすめの方法は?

外国へ出願する方法がいくつかあると聞きました。どのような方法で出願するのがよいのかわかりません。おすすめの方法を教えてください。

それぞれのメリットとデメリットを考慮しましょう。

外国へ出願する方法として、以下の2つの方法があります。

  1. 各国への直接出願手続をするパリ優先ルート
  2. PCT(特許協力条約)に基づく国際出願を経由して各国へ移行するPCTルート

1のパリ優先ルートでは、通常、日本でした国内出願を基に、パリ優先権を主張して各国に出願手続をします。パリ優先権というのは、「パリ条約によって認められる優先権」の業界用語で、他国での出願について、最初の出願に基づいて日付などの面で優先的な扱いを受けられる権利のことです。

例えば、アメリカ、中国、韓国に出願したい場合、各国の形式、言語の出願書類を作成し、出願します。パリ優先権を主張するには、これを、最初の出願(例えば日本での出願)の出願日から1年以内に行う必要があります。

パリ優先ルートでは、最初の出願から1年という短い期間で各国の特許庁に対して出願手続をする必要があります。そのため、出願時に必ず売れると確信があり、販売する国が絞られている(2,3か国)場合にはぜひ利用したい制度です。

しかし、特許を出願すべきか確信が持てず、どの国で販売すべきかどうか決まっていないが、できるだけ多くの国で販売したいと考えている場合には、この制度を利用することが難しく、ひいては企業活動の阻害要因となってしまいます。

このような不便を解消するのが2のPCTルートです。PCTルートでは、日本語で一定の形式に従ったPCTに基づく国際出願をすることにより、各国の翻訳文を提出するなどの移行手続きを出願日から最長2年6ヶ月(30か月)に繰り延べることができます。そのため、どの国で必要な特許なのか検討する時間を確保することができます

PCTルートでは、短い期間で各国ごとにそれぞれの形式や言語に応じた出願をしなくても、単一言語で単一形式の出願で国内出願としての効果が生じ、各国における出願日を確保できるのです。

回答日:2016年6月10日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A