知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
外国出願補助金って何?

外国に関する質問

外国出願補助金って何?

海外展開に際して外国への特許出願を考えているのですが、「外国出願補助金」という制度があると聞きました。
どのような制度なのでしょうか?

中小企業の海外展開を支援するために特許庁が行う事業です。

中小企業への支援策の1つとして、特許庁では、外国に対して出願を予定している中小企業に対して中小企業支援センターや日本貿易振興機構を通して外国出願に要する費用の2分の1を助成しています。
この制度が外国出願補助金制度と呼ばれています。

特許だけでなく実用新案、意匠、商標の出願も対象になっています。
助成対象となる費用としては、以下の3つがあります。

  1. 外国特許庁への出願費用(手数料)
  2. 外国特許庁への出願手続に要する国内代理人・現地代理人費用
  3. 外国特許庁への出願手続に要する翻訳費用

※外国特許庁への出願費用には、各国への直接出願費用、PCT国際出願の国内移行費用(特許・実用新案)、マドプロ出願費用(商標)、ハーグ出願費用(意匠)が含まれます。なお、日本国特許庁に支払う費用は助成対象外です。

補助率は2分の1で、企業当たり300万円が上限です。
1案件当たりの上限は、制度ごとに補助金が異なり、特許では150万円、実用新案・意匠・商標ではそれぞれ60万円です。

支援の対象は、基本的に、中小企業又は中小企業で構成されるグループとされています。

支援の要件は、以下の1~4です。

  1. 応募時にすでに日本国特許庁に対して特許、実用新案、意匠、商標出願のいずれかを完了しており、採択後に同じ内容の出願を優先権を主張して外国へ年度内に出願を行う予定の案件であること。
  2. 先行技術調査等の結果からみて、外国での権利取得の可能性が明らかに否定されないこと。
  3. 外国で権利が成立した場合等に、「当該権利を活用した事業展開を計画している」又は「商標出願に関し、外国における冒認出願対策の意思を有している」こと。
  4. 外国出願に必要な資金能力及び資金計画を有していること。

より詳細な情報については特許庁の資料をご覧ください。

回答日:2016年11月18日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A