知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
EUでまとめて特許の出願をできますか?

外国に関する質問

EUでまとめて特許の出願をできますか?

ヨーロッパの複数の国で特許を取得したいと考えています。
EU加盟国はさまざまな制度が共通化されていると思いますが、特許にもそういった制度はありますか?

EPC(欧州特許条約)に基づく出願制度があります。

ヨーロッパ地域にはEPC(欧州特許条約)というものがあります。EPCでは、出願・審査・特許付与の処理を欧州特許庁(EPO)に統一されています。

欧州特許庁に出願して、特許付与の公告がなされると(欧州特許を取得すると)、指定した各指定国においてその国で付与された国内特許と同様の権利を有することになります。
※その後、国によって権利維持の手続が必要な場合があります。

1つの特許出願で複数の国の特許権を取得できるので、手間や費用の面で有利です。
また、EPC出願はPCT出願と組み合わせることもできます。EPC加盟国以外の国も含めて広く特許を取得するためにPTC出願をした場合にも、欧州特許庁に国内移行手続をすることでEPC加盟国についてはより効率的に特許を取得することができます。

なお、EPCの加盟国はEUの加盟国とほぼ同じです。

 

回答日:2018年2月8日

無料相談

最新記事

発明家になろう! 第1回 発明するのは私

発明って誰でもできる!? ~発明の方法教えます~ 発明というと大学や専門機関などで難しく考えてしているものとい…続きを読む

9人のアイデアマン
愛知県豊田市、開放特許活用による製品開発支援事業…

開放特許の活用+中小企業の連携で商品開発 愛知県豊田市で今年度(平成29年度)から始まった製品開発の支援プロジ…続きを読む

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。
Q&A
アイデアの買取。知的財産を「売買」するビジネスモ…

アパレルEC大手のZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが設立した「スタートトゥデイ研究所」が、あるアイデ…続きを読む

商品開発からの特許取得、そして起業 - Litt…

かかとをずらしたピアノ靴 Little Pianist(リトルピアニスト)は、倉知真由美氏が発明したピアノ用シ…続きを読む

リトルピアニスト