知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
なぜ外国にも特許出願をしなければいけないのですか?

外国に関する質問

なぜ外国にも特許出願をしなければいけないのですか?

日本で特許を出願していますが、外国への出願も進められました。
日本で特許をとれると思いますが、なぜわざわざ外国へも出願しなければならないのでしょう?

特許権は取得したその国の中でのみ効力を有するからです。

属地主義といって、ある権利はその国や地域の範囲の中でのみ効力を有するというのが原則だからです。日本の特許法に基づいて取得された特許権の効力は日本でしか通用しません。

特許法をはじめとする各種の権利を定める法律は国や地域によって異なります。したがって、その国や地域で権利が認められるかはそこでの法律に従って判断されるということです。ある国では成立した特許権が、他の国では認められないということもよくあることです。

例えば、日本で特許権を取得していても、中国で特許権(専利権)を取得していなければ中国で製造・販売される模倣品に文句をいうことはできないということです。
日本でだけのビジネスをお考えなら日本での出願だけでよいのですが、海外展開をお考えの際は外国への特許出願もお勧めしています。

なお、外国への出願には、PCT国際出願(特許・実用新案)やハーグ協定のジュネーブ改正協力に基づく国際出願(意匠)、マドリッド協定議定書に基づく国際登録出願(商標)などの出願を手助けする制度が整備されています。

回答日:

無料相談

最新記事

建物のデザインは意匠登録できますか?

オシャレなデザインの建物が最近は増えているように感じますが、このようなデザインは意匠登録することができるのでし…続きを読む

Q&A
パロディー商品を販売しても大丈夫でしょうか?

ある商品の名前をモジった面白いアイデアを思いつきました。 これを商品化して販売すると問題になるのでしょうか?

Q&A
改正著作権法 - 2018年12月30日施行分に…

2018年12月30日から4回に分けて改正著作権法が施行されるため、皆様に密接に関わりがあると考えられる改正箇…続きを読む

中国で勝手に登録された商標への対抗策は?

中国への進出を考えていますが、日本で使っている商標が中国で他人に登録されていることがわかりました。 日本と同じ…続きを読む

Q&A
実用新案の出願も特許事務所に頼めますか?

実用新案の手続も特許のように特許事務所にお願いすればよいのでしょうか?

Q&A