知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
冒認対策商標って何ですか?

外国に関する質問

冒認対策商標って何ですか?

外国出願支援事業の募集要項に記載された対象出願に「冒認対策商標」というものがありました。
冒認対策商標とはどのようなものでしょう?

他人による外国の商標登録を防ぐための商標登録出願です。

冒認対策商標とは、第三者(他人)による抜け駆け出願(冒認出願)の対策を目的とした商標登録出願のことを言います。実際にそういった名称の出願・登録制度があるわけではなく、冒認出願への対策を意図した商標登録出願を「冒認対策商標(の出願)」と呼びます。

日本企業等が自社ブランドを日本で商標登録していても、その商標権は属地主義の原則によって外国には及びません。外国でブランドを保護するためには、その国にも商標登録出願をしてその国の商標登録を受ける必要があります。
しかしながら、すでにその国で同じような商標が他人に登録されていた場合、あとから日本のブランドを商標登録をしようとしても、商標登録ができません。それだけならまだしも、先になされた他人の商標登録によって、日本で培ったブランドを使用できないおそれもあります。
商標制度の特徴を悪用して、他人が他国で有名なブランドや名称を勝手に現地で商標登録してしまうのが冒認出願・冒認登録です。多くの場合、和解金や商標権の売却によって利益を得ることを目的に行われます。

例えば、中国や台湾で日本の地名や地域ブランド等が無関係の他人に商標登録出願・商標登録される事例が相次いでいます。これに伴い、日本の企業等が現地で進めるビジネス展開対するリスクが増加しているといわれます。

冒認出願商標が登録されてしまうと、それを取り消すために、多くの時間的・金銭的・労力的なコストがかかります。さらに言えば、争って商標を取り戻すことができるとは限りません。

冒認出願・冒認登録の事前的的対策として、最も有効なのは先に現地で商標登録出願をしておくことです。特許庁が進める外国出願支援事業では、このような冒認対策出願についても支援することで、日本の事業者の海外展開を促進しようとしています。

回答日:2018年1月23日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A