知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
PCTとは何ですか?

外国に関する質問

PCTとは何ですか?

海外への特許出願を検討していたところ、PCTという制度を進められました。
PCTとはどのような制度なのでしょう?

1度の出願手続で多数の国に出願したことにできる国際特許出願制度が代表的です。

PCTとは、特許協力条約の略で、加盟国間で統一された特許出願制度を設けることによって各国での特許取得の利便性を高めるための制度を含む国際条約です。

そのPCTで定められた出願制度が国際特許出願です。PCT出願、PCT特許出願、PCT国際特許出願など、頭にPCTと付けて呼ばれることもあります。

PCTの国際特許出願制度では、条約の規定に従って1度の出願手続をすれば、条約加盟国のすべての国に特許出願をしたことと同様の効果を与えることができます。

例えば、日本特許庁に対して日本語(若しくは英語)で作成した国際出願願書を1通提出すれば、その国際出願に与えられた国際出願日が、すべての条約加盟国での国内出願の出願日として扱われます。

このような制度が生まれた背景には、権利の属地主義があります。特許などの権利の成否は国ごとに判断されることが原則であるため(属地主義)、原則としては、権利取得を希望する国ごとに出願手続をしなければなりません。
しかしながら、多数の国での事業を計画する場合にそれぞれに手続をするのは煩雑ですし、先願主義(早い者勝ち)の下、1日も早く出願しなければならない特許制度の事情もあって、多数国で統一して特許出願できる制度が望まれました。
そうして生まれたのがPCTです。

なお、PCTの国際特許出願制度はあくまで出願を統一的にできる制度ですので、出願後は権利取得を希望する国ごとに国内移行手続をして、その国での審査などを受ける必要があります。PCTでは、各国の審査に先駆けて、国際調査や予備審査など、それぞれの国での権利取得を手助けする制度も用意されています。

回答日:2018年1月25日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A