知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
PCTとは何ですか?

外国に関する質問

PCTとは何ですか?

海外への特許出願を検討していたところ、PCTという制度を進められました。
PCTとはどのような制度なのでしょう?

1度の出願手続で多数の国に出願したことにできる国際特許出願制度が代表的です。

PCTとは、特許協力条約の略で、加盟国間で統一された特許出願制度を設けることによって各国での特許取得の利便性を高めるための制度を含む国際条約です。

そのPCTで定められた出願制度が国際特許出願です。PCT出願、PCT特許出願、PCT国際特許出願など、頭にPCTと付けて呼ばれることもあります。

PCTの国際特許出願制度では、条約の規定に従って1度の出願手続をすれば、条約加盟国のすべての国に特許出願をしたことと同様の効果を与えることができます。

例えば、日本特許庁に対して日本語(若しくは英語)で作成した国際出願願書を1通提出すれば、その国際出願に与えられた国際出願日が、すべての条約加盟国での国内出願の出願日として扱われます。

このような制度が生まれた背景には、権利の属地主義があります。特許などの権利の成否は国ごとに判断されることが原則であるため(属地主義)、原則としては、権利取得を希望する国ごとに出願手続をしなければなりません。
しかしながら、多数の国での事業を計画する場合にそれぞれに手続をするのは煩雑ですし、先願主義(早い者勝ち)の下、1日も早く出願しなければならない特許制度の事情もあって、多数国で統一して特許出願できる制度が望まれました。
そうして生まれたのがPCTです。

なお、PCTの国際特許出願制度はあくまで出願を統一的にできる制度ですので、出願後は権利取得を希望する国ごとに国内移行手続をして、その国での審査などを受ける必要があります。PCTでは、各国の審査に先駆けて、国際調査や予備審査など、それぞれの国での権利取得を手助けする制度も用意されています。

回答日:2018年1月25日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A