知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

外国に関する質問

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

ヨーロッパでの特徴的な制度は「EPC」です。

特許は権利取得を希望する国ごとにするのが原則ですが、ヨーロッパには便利な「EPC」があります。
EPCとは、欧州特許条約のことで、ヨーロッパの多くの国(おおむねEU加盟国と同じ)が加盟しています。

EPCに基づく特許出願では、欧州特許庁(EPO)への1度の特許出願・審査を経て特許を取得すれば、希望するEPC加盟国へその特許の効力を及ぼすことができます。

複数のEPC加盟国へ特許出願を検討する場合には大変便利な制度です。
費用や労力の面からも大きなメリットのある制度なので、日本からも多く利用されています。

欧州特許庁2016年度報告書によると、EPC加盟国(48%)、アメリカ(25%)に次いで日本はEPC出願の13%を占めています。
伸び率でみると中国や韓国が上位となっており、東アジア地域からも活発に利用されていることがわかります。

http://www.epo.org/about-us/annual-reports-statistics/annual-report/2016/statistics/patent-applications.html#tab2
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews/europe/2017/20170307.pdf

回答日:2018年2月19日

無料相談

最新記事

建物のデザインは意匠登録できますか?

オシャレなデザインの建物が最近は増えているように感じますが、このようなデザインは意匠登録することができるのでし…続きを読む

Q&A
パロディー商品を販売しても大丈夫でしょうか?

ある商品の名前をモジった面白いアイデアを思いつきました。 これを商品化して販売すると問題になるのでしょうか?

Q&A
改正著作権法 - 2018年12月30日施行分に…

2018年12月30日から4回に分けて改正著作権法が施行されるため、皆様に密接に関わりがあると考えられる改正箇…続きを読む

中国で勝手に登録された商標への対抗策は?

中国への進出を考えていますが、日本で使っている商標が中国で他人に登録されていることがわかりました。 日本と同じ…続きを読む

Q&A
実用新案の出願も特許事務所に頼めますか?

実用新案の手続も特許のように特許事務所にお願いすればよいのでしょうか?

Q&A