知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

外国に関する質問

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

ヨーロッパでの特徴的な制度は「EPC」です。

特許は権利取得を希望する国ごとにするのが原則ですが、ヨーロッパには便利な「EPC」があります。
EPCとは、欧州特許条約のことで、ヨーロッパの多くの国(おおむねEU加盟国と同じ)が加盟しています。

EPCに基づく特許出願では、欧州特許庁(EPO)への1度の特許出願・審査を経て特許を取得すれば、希望するEPC加盟国へその特許の効力を及ぼすことができます。

複数のEPC加盟国へ特許出願を検討する場合には大変便利な制度です。
費用や労力の面からも大きなメリットのある制度なので、日本からも多く利用されています。

欧州特許庁2016年度報告書によると、EPC加盟国(48%)、アメリカ(25%)に次いで日本はEPC出願の13%を占めています。
伸び率でみると中国や韓国が上位となっており、東アジア地域からも活発に利用されていることがわかります。

http://www.epo.org/about-us/annual-reports-statistics/annual-report/2016/statistics/patent-applications.html#tab2
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews/europe/2017/20170307.pdf

回答日:2018年2月19日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む