知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

外国に関する質問

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。

ヨーロッパでの特徴的な制度は「EPC」です。

特許は権利取得を希望する国ごとにするのが原則ですが、ヨーロッパには便利な「EPC」があります。
EPCとは、欧州特許条約のことで、ヨーロッパの多くの国(おおむねEU加盟国と同じ)が加盟しています。

EPCに基づく特許出願では、欧州特許庁(EPO)への1度の特許出願・審査を経て特許を取得すれば、希望するEPC加盟国へその特許の効力を及ぼすことができます。

複数のEPC加盟国へ特許出願を検討する場合には大変便利な制度です。
費用や労力の面からも大きなメリットのある制度なので、日本からも多く利用されています。

欧州特許庁2016年度報告書によると、EPC加盟国(48%)、アメリカ(25%)に次いで日本はEPC出願の13%を占めています。
伸び率でみると中国や韓国が上位となっており、東アジア地域からも活発に利用されていることがわかります。

http://www.epo.org/about-us/annual-reports-statistics/annual-report/2016/statistics/patent-applications.html#tab2
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews/europe/2017/20170307.pdf

回答日:2018年2月19日

無料相談

最新記事

トヨタのHV特許開放とその意義

少し前の話ですが、トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の関連技術について、約23,740件もの特許を他社へ無償…続きを読む

商号と商標の違いは?
Q&A
同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A