知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

外国に関する質問

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

中国の特許(専利)取得には中国での手続が必要です。

特許制度はある国で成立した権利はその国でのみ保護されるという「属地主義」が採用されています。例えば、日本で取得した特許権があったとしても、その権利を中国で行使することはできません。

従って、中国で効力を有する特許権(専利と言います)を取得するには、中国での手続によって権利を取得する必要があり、その最初の手続が中国での特許出願です。

中国への特許出願の一般的な方法としては次の2通りがあります。

(1) 直接出願

中国語で出願書類を作成し、中国の国家知識産権局(SIPO:State Intellectual
Property Office、日本の特許庁に相当する機関)へ提出します。後述するPCT国際出願に対して直接的にその国に手続をするので直接出願と呼ばれます。

基本的に特許制度では出願が早いほど有利な扱いを受けますが、中国語での書類作成に時間を要して出願が遅れてしまう可能性があります。そのような場合に使えるのがパリ優先権(パリ条約に基づく優先権)と呼ばれる制度です。先に日本で特許出願をし、その後に中国で特許出願をする場合に日本での出願を基礎とする優先権を主張することで、中国での審査の基準を日本での出願の時点にして扱われるようにできます。
この制度を上手く使えば、中国語への翻訳などの時間を十分にとれますので余裕をもって手続ができます。なお、優先権には主張可能な期限が定められていることには注意が必要です。

(2) 特許協力条約 (PCT: Patent Cooperation Treaty) に基づく国際出願

PCT国際出願は、特許協力条約に従って作成した特許出願の書類を日本の特許庁へ提出する
ことで、中国を含む条約加盟国のすべてに同時に出願したことと同じ効果を得ることがで
きる制度です。

PCT国際出願を行った後は所定期間内に中国に翻訳文などを提出する国内移行と呼ばれる手続を行います。この手続によれば、前述のパリ優先権によるまでもなく、出願日はPCT国際出願の日として扱われるため、早期出願のメリットを得られます。

一般的には中国以外でも特許権が必要であって5~6カ国以上での特許権の取得を目指す場合には、個別に直接出願をするよりPCT国際出願を選択した方が全体としてコストを抑えられる傾向にあります。

回答日:2019年3月8日

無料相談