知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
中国の特許権は香港でも有効?

外国に関する質問

中国の特許権は香港でも有効?

中国本土で取得した特許権(専利)は香港でも効力がありますか?

香港では香港の特許権を取得する必要があります。

香港は中国の特別行政区であるため、中国(中華人民共和国)とは異なる独自の特許制度を設けています。そのため、中国で取得した特許権は、香港では効力を持ちません。

香港で発明を保護したいのであれば、香港の制度に従って特許権を取得する必要があります。

香港での発明の保護としては、日本の実用新案に相当する短期特許と、日本の特許に相当する標準特許の2つが制度化されています。今回は標準特許について解説します。

日本を含む多くの国ではその国の特許庁に特許出願をして特許を取得できますが、香港では直接の特許出願ができません。香港では

  1. 指定特許庁中国特許庁、イギリス特許庁、欧州特許庁(イギリスの指定が必要))に特許出願をし、特許権を取得する
  2. 香港で所定の手続をおこなう

の2段階で行います。
香港特許庁は、発明の新規性や進歩性などの実体的な審査は行わず、手続の方式審査のみを行います。したがって、香港で特許権を取得できるか否かは、中国やイギリスの指定特許庁で特許権を取得できるか否かにかかっています。

なお、香港は特許協力条約に加盟していないため、PCT出願をしてもそのまま香港に国内移行させることはできません。この場合も、中国やイギリスといった指定特許庁に一旦国内移行させ、そこで審査を受けたのちに香港に手続を行います。

参考

回答日:2019年3月1日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A