知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許権はいつからいつまで有効?

制度・法律に関する質問

特許権はいつからいつまで有効?

特許の有効期限は20年と聞きましたが、具体的には、いつから発生して、いつ終了するのでしょうか?

特許権は、設定登録されると発生し、出願の日から20年で消滅します。

特許権の発生

特許権は、特許庁が管理する特許原簿設定登録されることによって発生します。
単に審査を通っただけでは発生しません。

特許権の設定登録までには、基本的には次のようなプロセスがあります。

  1. 特許出願の審査を受けます
  2. 審査において拒絶理由が発見されない、または、拒絶理由が解消した場合、特許査定がなされます
  3. 特許査定後、所定の期間内に特許料(登録料とも言います)を特許庁に納付します
  4. 特許料が納付されると、特許庁で特許権の設定登録が行われます

つまり、特許査定がされても、特許料が納付されなければ、特許権は発生しないこととなります。
特許料の納付によって設定登録がなされると、晴れて、特許権が発生します。

特許権の設定登録がなされると、特許証の交付や特許公報の発行が行われますが、これらは特許権の発生に直接は影響しません。

特許権の消滅

設定登録により発生した特許権は、まずは3年間、有効に維持されます。これは、設定登録前に納付する特許料に3年分の費用が含まれているからです。
その後も特許権を維持したい場合は、毎年、所定の特許料(年金とも言います)を納付することで、その特許権を存続させることができます。

このように、特許料の納付によって特許権を維持できるのですが、その限界が原則、特許出願の日から20年です(医薬等、一部例外があります)。
ポイントは「特許出願の日」から20年というところです。設定登録の日からではないので、実際に特許権が有効に存在する期間は20年もないことになります。

ここでは、期間に基づく特許権の消滅について説明しましたが、特許権は他にも、無効審決や自主的な放棄によっても消滅することがあります。

回答日:2016年12月8日

無料相談