知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
一般的な名称は商標登録できないの?

制度・法律に関する質問

一般的な名称は商標登録できないの?

物の一般的な名称(例えば「アップル」)は商標登録できるでしょうか。

物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・役務との関係で決まってくるので、登録を受ける場合もあります。

商標出願の際、商標とその商標を使用する商品やサービス・役務を指定する必要があります。商標登録がされると、この商品や役務について、商標権が発生します。この指定する商品や役務を指定商品・指定役務と呼びます。

例えば、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をした場合を考えてみます。このような出願に登録を認めると、権利者でないりんごの生産者や小売店が「りんご」を売るときに「アップル」と表示できなくなってしまいます。このような事態が生じては、りんごの生産者や小売店は困ってしまい、一般的な経済活動を妨げてしまうこととなります。

そのため、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をしても、商標登録は認められません。

では、商標「アップル」について、指定商品を「電子計算機」として出願をした場合はどうでしょうか。

この商標に登録を認めたとしても、権利者でないりんごの生産者や小売店は「りんご」について「アップル」と表示し続けることができます。

そのため、指定商品を「電子計算機」とした商標「アップル」には、商標登録が認められます。実際に、アップル インコーポレイテッドは、商標「APPLE」について指定商品「電子計算機等」で登録が認められています(商標登録第1758671号)。

このように、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・指定役務との関係で決まってきます。

すなわち、商標が、指定商品・指定役務の一般的な名称である場合は、商標登録は認められません。一方、商標が一般的な名称であっても、指定商品が「電子計算機」など全く異なれば、商標登録が認められるのです。

 

回答日:2017年3月23日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A