知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
一般的な名称は商標登録できないの?

制度・法律に関する質問

一般的な名称は商標登録できないの?

物の一般的な名称(例えば「アップル」)は商標登録できるでしょうか。

物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・役務との関係で決まってくるので、登録を受ける場合もあります。

商標出願の際、商標とその商標を使用する商品やサービス・役務を指定する必要があります。商標登録がされると、この商品や役務について、商標権が発生します。この指定する商品や役務を指定商品・指定役務と呼びます。

例えば、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をした場合を考えてみます。このような出願に登録を認めると、権利者でないりんごの生産者や小売店が「りんご」を売るときに「アップル」と表示できなくなってしまいます。このような事態が生じては、りんごの生産者や小売店は困ってしまい、一般的な経済活動を妨げてしまうこととなります。

そのため、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をしても、商標登録は認められません。

では、商標「アップル」について、指定商品を「電子計算機」として出願をした場合はどうでしょうか。

この商標に登録を認めたとしても、権利者でないりんごの生産者や小売店は「りんご」について「アップル」と表示し続けることができます。

そのため、指定商品を「電子計算機」とした商標「アップル」には、商標登録が認められます。実際に、アップル インコーポレイテッドは、商標「APPLE」について指定商品「電子計算機等」で登録が認められています(商標登録第1758671号)。

このように、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・指定役務との関係で決まってきます。

すなわち、商標が、指定商品・指定役務の一般的な名称である場合は、商標登録は認められません。一方、商標が一般的な名称であっても、指定商品が「電子計算機」など全く異なれば、商標登録が認められるのです。

 

回答日:2017年3月23日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A