知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
よくある言葉も商標登録されてしまうことがあるのですか?

制度・法律に関する質問

よくある言葉も商標登録されてしまうことがあるのですか?

「他人の商標権を侵害」のようなニュースをよく見ます。
みんなが当たり前のように使っているような言葉、たとえば「りんご」や「みかん」なども商標登録されてしまうことがあるのでしょうか?

商品や役務(サービス)についての一般的な名称であれば登録されません。

商標登録は、商標(名称やロゴ)と併せて、商品または役務(サービス)を指定して出願します。

出願した名称が、指定した商品や役務について一般的なものである場合には、審査で拒絶され、商標登録はなされません。

例えば、果物のリンゴを指定商品とする商標「りんご」は商品の一般名称そのものですので、誰かに商標登録されるということはないでしょう。赤くて丸いあの果物を自由に「りんご」と呼べないようでは多くの人にとって不都合が生じますので、商標法でそのような商標は登録できないこととしています。
一方で、指定商品が「パソコン、携帯電話」ということであれば、「りんご」はその商品の一般的な名称とは言えないので、商標登録される可能性はあります。

回答日:2018年2月6日

無料相談

最新記事

発明家になろう! 第1回 発明するのは私

発明って誰でもできる!? ~発明の方法教えます~ 発明というと大学や専門機関などで難しく考えてしているものとい…続きを読む

9人のアイデアマン
愛知県豊田市、開放特許活用による製品開発支援事業…

開放特許の活用+中小企業の連携で商品開発 愛知県豊田市で今年度(平成29年度)から始まった製品開発の支援プロジ…続きを読む

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。
Q&A
アイデアの買取。知的財産を「売買」するビジネスモ…

アパレルEC大手のZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが設立した「スタートトゥデイ研究所」が、あるアイデ…続きを読む

商品開発からの特許取得、そして起業 - Litt…

かかとをずらしたピアノ靴 Little Pianist(リトルピアニスト)は、倉知真由美氏が発明したピアノ用シ…続きを読む

リトルピアニスト