知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
よくある言葉も商標登録されてしまうことがあるのですか?

制度・法律に関する質問

よくある言葉も商標登録されてしまうことがあるのですか?

「他人の商標権を侵害」のようなニュースをよく見ます。
みんなが当たり前のように使っているような言葉、たとえば「りんご」や「みかん」なども商標登録されてしまうことがあるのでしょうか?

商品や役務(サービス)についての一般的な名称であれば登録されません。

商標登録は、商標(名称やロゴ)と併せて、商品または役務(サービス)を指定して出願します。

出願した名称が、指定した商品や役務について一般的なものである場合には、審査で拒絶され、商標登録はなされません。

例えば、果物のリンゴを指定商品とする商標「りんご」は商品の一般名称そのものですので、誰かに商標登録されるということはないでしょう。赤くて丸いあの果物を自由に「りんご」と呼べないようでは多くの人にとって不都合が生じますので、商標法でそのような商標は登録できないこととしています。
一方で、指定商品が「パソコン、携帯電話」ということであれば、「りんご」はその商品の一般的な名称とは言えないので、商標登録される可能性はあります。

回答日:2018年2月6日

無料相談

最新記事

特許の有効期限をおしえてください

「特許切れ」などとニュースでよく書かれますが、特許の有効期限はどのくらいなのでしょう?

Q&A
著作物で AI 開発。改正著作権法が成立

第196回通常国会で改正著作権法が成立しました。 今回の改正では著作物の教育利用の拡大や、著作権の例外的利用の…続きを読む

クラウドファンディングでは知的財産権をどう守る?

震災をきっかけに広がった支援の流れ クラウドファンディングは、企画したプロジェクトをウェブ上に掲載し、不特定多…続きを読む

弁理士の転職。企業から特許事務所に転職して思うこ…

はじめまして。コスモス特許事務所の弁理士の安田です。 さて、今年もいよいよ弁理士試験の受験シーズンに突入します…続きを読む

ジャンプ50周年コラボのミニファミコン発売!!の…

少年ジャンプとコラボした特別なファミコン 任天堂の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」(1983年発売)を…続きを読む