知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
新規性とは何ですか?

制度・法律に関する質問

新規性とは何ですか?

発明が特許になる条件として「新規性」が必要とのことですが、具体的にはどのようなことですか?

新規性とは「発明の特許出願時における客観的な新しさ」です。

特許法第29条第1項各号に規定されている「新規性」は、発明の特許出願時における客観的な新しさと定義されています。少々分かりづらいので、「特許出願時」、「客観的」、「新しさ」のキーワードに分けて説明します。

特許出願時

特許出願をした時を基準として、新規性の判断をすることを意味します。

発明の新しさを判断するのであれば、発明が完成した時を基準に新しいかどうかを判断すべきとも思えますが、何をもっていつ完成したものなのかは非常に曖昧です。審査や裁判などで「いつ発明が完成したのか」を調べて認定することは、実際にはとても難しいことです。

そこで、明確に認定できる特許出願をした時を基準に新規性を判断することとしています。「特許出願をした時」は、出願人も特許庁も把握していることですので、明確に認定して、合理的に審査を行うことができます。
したがって、新規性は特許出願時を基準に新しいかどうかの判断をなされます。

なお、特許出願のをもって判断するとしていますので、法律上は出願より1秒でも前に公開等された発明は新規性がないと言えます。
新規性の判断が特許出願の時をもってなされる以上、他人に発明を公表されたりすることに備えて、少しでも早く特許出願をするということも必要になってきます。

客観的

発明が客観的に新しいものでなければなりません。

発明者や出願人が(主観的に)「これは新しいぞ!」といくら思っていても、それだけでは新規性は認められません。それは単にその人の中で知らなかっただけかもしれないですし、発明者や出願人の知識などに応じて発明の水準がバラバラになってしまうおそれがあります。
そこで、発明者や出願人の知識や技術の水準によらず、発明について一定の基準で新しさを判断するために、客観性が求められます。

次のいずれかに該当するものは、客観的に新しくないとされています。

  1. 公に知られている
  2. 公に実施されている
  3. 刊行物やインターネットに掲載されたりしている

新しさ

新規性の字の如く、「新しさ」が要求されます。

技術は時代が進むとともに一般化していき、価値を失っていきます。既に普及した技術が特許として独占されると、他ではその技術を使うことができなくなり、産業や経済に支障をきたすことになってしまいます。
そのようなことにならないよう、特許を与える発明には「新しさ」を求めています。

回答日:2018年6月18日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A