知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
知的財産権にはどのようなものがありますか?

制度・法律に関する質問

知的財産権にはどのようなものがありますか?

特許権などを「知的財産権」と呼ぶことがありますが、その知的財産権には特許以外にどのようなものがあるのでしょうか?

意匠権、商標権、著作権などなど「アイデア」を保護する権利が含まれます。

知的財産権は、人間の創作したアイデア等に関する権利のことを指し、特許権のほかには、実用新案権、意匠権、商標権、著作権が主なところです。アイデアは形のないものですので無体財産とも呼ばれ、物理的な占有ができないことから、法律によって保護が図られています。

もう少し詳しく見てみると、知的財産基本法では「知的財産」を

  • 発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)
  • 商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの
  • 営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報

と定義しています。また「知的財産権」は、

  • 知的財産に関して法令により定められた権利
  • 法律上保護される利益に係る権利

と定義しています。
ここでいう法令により定められた権利には、上で挙げた特許権などの他には例えば、植物の新品種に関する育種権や、ICチップなどの回路に関する回路配置利用権などが挙げられます。また、法律上保護される利益に係る権利とは、たとえば不正競争防止法に基づいて保護される営業秘密周知表示などが挙げられます。

参考: 特許庁, 知的財産権について

回答日:2018年6月25日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A