知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
著作権があれば意匠権は不要?

制度・法律に関する質問

著作権があれば意匠権は不要?

オシャレな家具をデザインしました。
デザインは著作権で保護されると聞いたのですが、わざわざ意匠権も取得する意味はあるのでしょうか。

意匠権の取得には著作権とは違った大きなメリットがあります。

著作権は、著作物を創作すると同時に自然に発生する権利です。出願等の手続きを必要としないため、権利の取得に費用はかかりません。
オシャレなデザインの家具であれば、著作権で保護を受けることが出来そうに思え、著作権があれば、わざわざコストをかけて意匠権を取得する必要が無いように感じるかもしれません。

しかし、著作権だけでは製品を十分に守れない場合がありますので、注意が必要です。

デザインの全てが著作権で保護されるわけではない

例えば質問者の家具と似たような家具を作った第三者が現れたとします。この第三者に対して著作権の行使が認められるには、前提として質問者の家具が法律上の著作物に該当しなければなりません。
しかし、家具のように、量産可能であり、日常的に使用されるような実用品のデザインは、著作権ではなく意匠権で保護すべきという考えが一般的です。どんなにオシャレな家具であっても著作物と認められない可能性が高いのです(もちろん著作物と認められる可能性もあります)。
著作物として認められない限り、第三者の似たような家具に対して著作権を行使することはできないのです。

では、仮に質問者の家具が著作物であると認められるのであれば、意匠権は必要ないかというと、そんなことはありません。意匠権を取得することに、以下のようなメリットがあります。

絶対的独占権

第三者が質問者の家具と似たような家具を作っていたとします。しかし、著作権は、その第三者に対して権利行使ができない場合があるのです。
著作権は相対的独占権といって、似たようなものを作った第三者が質問者の家具の存在を知っていて複製・模倣をした場合に限られるのです。偶然に似たような家具を創作した場合には模倣等にあたらないため、著作権は行使できないのです。

一方、意匠権は絶対的独占権といって、似たようなものを作った第三者が意匠権の存在を知っていたかどうかは関係なく、権利行使ができます。
すなわち、意匠権を取得しておけば、模倣ではなく偶然に似たような家具を作った第三者にも権利行使ができるため、市場を奪われることなく、投資回収や利益確保をより確実に行うことができるでしょう。

公示による模倣抑止

権利行使を行うには時間・手間・費用がかかりますので、そもそも似たようなものが作られてしまうことを防止することができれば一番です。

著作権は創作と同時に自然に発生します。出願という手続きがなく、権利内容は基本的に公示されません。そのため、どのような権利が存在するのか明らかでない場合が多く、第三者も偶然に同じようなものを創作してしまうことが起こります。

一方、意匠権は、出願をし、審査を経て、登録されることで発生します。そして、登録された権利の内容は、意匠公報というかたちで公示されます。
公示されているため、上述のように侵害した第三者が意匠権の存在を知っていたかどうかは関係なく権利行使をすることができる権利なのです。同業者は、うっかり意匠権を侵害してしまうことを防ぐため、どんな権利が存在するのか公報を確認してから設計などを始めるでしょう。そのため、意匠権を取得しておけば、同じようなものを作られてしまうことをそもそも防止できる可能性が高くなります。

回答日:2018年8月3日

無料相談

最新記事

商標はどのくらい似ていると訴えることができますか…

登録した商標と同じではありませんが、そっくりなものを使っている人がいます。 どの程度似ていれば訴えることができ…続きを読む

Q&A
商標権はいくらくらいで買い取れるものでしょうか?

新しく使おうと思っていた商標に既に他人の商標権があることがわかりました。 その商標権を買い取りたいと思うのです…続きを読む

Q&A
変化のIT業界。マイクロソフトが特許を開放してコ…

言わずと知れたIT界の大手企業、マイクロソフト。Windows や Office で毎日お世話になっています。…続きを読む

PC上のソフトウェアのイメージ
拒絶査定を受けましたがその商標は継続して使っても…

商標登録をしようと思って出願したものの、拒絶査定を受けてしまいました。商標登録は諦めますがこの商標をそのまま使…続きを読む

Q&A
特許終了後は商品を商標登録で守る

マジックテープの特許 面と面を重ね合わせるだけで様々なものを留めることのできる面ファスナーは、1949年にスイ…続きを読む