知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
実用新案権とはどんな権利ですか?

制度・法律に関する質問

実用新案権とはどんな権利ですか?

知的財産権の話題の中で実用新案という言葉を聞くことがありますが、具体的にはどのような権利なのでしょう。

特許のように技術的なアイデアを保護する権利ですが、部分的には特許とは異なる制度です。

実用新案権は、特許権と同様に技術的なアイデアを保護する権利です。

出願によって登録を受け、その権利行使によって差し止め損害賠償の請求が可能な点は特許と共通しています。

一方で、制度上は特許と異なる点がいくつかあります。

保護対象
特許の「発明」に対して、「考案」を保護対象としています。特許ほどの進歩性を要求しません。また考案は「物」の構造等に限られており、特許のようにプログラムや方法を対象とすることができません。
審査
書類等の形式な審査のみで登録を受けられます。特許のように発明の新規性や進歩性が審査されません(無審査登録主義といいます)。
技術評価制度
審査がないため、新規性や進歩性などを特許庁に評価してもらう技術評価という制度があります。権利行使の際などに利用します。
権利行使
権利者は権利行使に際してその実用新案権が新規性や進歩性などの要件を満たすことを技術評価書などで担保する責任を負います。
期間
特許の20年に対して10年と短いです。

無審査による早期登録や短い保護期間の設定など、特許に比べてライフサイクルの短いアイデアを保護するのに便利な制度となっています。

回答日:2018年11月9日

無料相談

最新記事

著作権は登録する必要があるでしょうか?

著作権には登録制度があると聞いたのですが、登録した方がよいのですか?

Q&A
弁理士試験の合格発表がありました。

弁理士の安田です。去る11月8日に弁理士試験の合格発表が行われ、5月からのおよそ半年におよぶ今年の弁理士試験が…続きを読む

実用新案権とはどんな権利ですか?

知的財産権の話題の中で実用新案という言葉を聞くことがありますが、具体的にはどのような権利なのでしょう。

Q&A
休眠特許とは何のことですか?

「休眠特許」という言葉を目にしましたが、具体的にはどのような特許のことを言うのでしょう?

Q&A
日本で特許をもっていても中国への出願が必要?

すでに日本で特許を持っているのですが、これから中国に進出しようとした際には中国への出願も別途必要でしょうか?

Q&A