知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
実用新案法とはなんですか?

制度・法律に関する質問

実用新案法とはなんですか?

実用新案法とはなんですか?特許法とは違うのですか?

実用新案法は、アイデアを守るための法律の一つです。

実用新案法とは「物品の形状、構造または組み合わせに関して考案の保護および利用を図ることにより、その考案を奨励し、それにより産業の発達に寄与することを目的」とした日本の法律です(実用新案法第1条)。
特許法第1条とそっくりですが、「発明」ではなく「考案」を対象としていることが特徴です。

考案は発明と比べると、

  • 物品の形状、構造または組み合わせに限定している(発明はプログラムや方法なども対象)
  • 高度であることを要求していない(発明は「技術的思想の創作のうち高度のもの

点などが異なります。

登録までの流れや権利の期間などの点でも特許法と異なる点がいくつかあります。

回答日:2018年11月19日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む