知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
実用新案法とはなんですか?

制度・法律に関する質問

実用新案法とはなんですか?

実用新案法とはなんですか?特許法とは違うのですか?

実用新案法は、アイデアを守るための法律の一つです。

実用新案法とは「物品の形状、構造または組み合わせに関して考案の保護および利用を図ることにより、その考案を奨励し、それにより産業の発達に寄与することを目的」とした日本の法律です(実用新案法第1条)。
特許法第1条とそっくりですが、「発明」ではなく「考案」を対象としていることが特徴です。

考案は発明と比べると、

  • 物品の形状、構造または組み合わせに限定している(発明はプログラムや方法なども対象)
  • 高度であることを要求していない(発明は「技術的思想の創作のうち高度のもの

点などが異なります。

登録までの流れや権利の期間などの点でも特許法と異なる点がいくつかあります。

回答日:2018年11月19日

無料相談

最新記事

著作権が消滅した絵画をTシャツにプリントしてもい…

作者が亡くなって70年経過した絵画は著作権が消滅していると思います。その絵画ならTシャツなどの服にプリントして…続きを読む

Q&A
Appleの新製品を知財で予想

年一回開催されるApple社の新製品発表会。毎回どんな新製品が出てくるのか、どんな新サービスが始まるのか、楽し…続きを読む

特許はどこで調べられますか?

インターネット上で特許を調べられるサイトはありますか?

Q&A
アメリカのファイナルアクション(最終拒絶理由通知…
Q&A
モノを特定するのに登録番号は役に立つ

アメリカ留学していた際お世話になった教会の牧師夫人から、写真付きメッセージが届きました。 Any idea w…続きを読む