知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の有効期間は?

制度・法律に関する質問

特許の有効期間は?

特許に有効期間のようなものはありますか。

特許権の存続期間は、出願の日から20年をもって終了します。

特許は、その「出願」後、審査を経て「登録」がなされます。そして、登録された特許の存続期間(=有効期間)は、「出願」から20年と定められています。

ここで、注意しなければならないのは、特許権の存続期間は、「登録」の日ではなく、最初の「出願」の日から20年であるということです。

 

また、特許権は、出願日から20年以内であっても消滅することがあります。

例えば、特許権を有効に存在させ続けるためには、登録後に各年毎に定められた所定の料金を特許庁へ納付しなければなりません。この料金が払われていない場合、特許権は消滅します。

その他、権利者による特許権の放棄や、特許を無効にするための手続(無効審判)における無効審決の確定等によっても、特許権は消滅します。

 

なお、医薬品などの特許権については、上記の20年の経過後にも、最長で5年、延長されることがあります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む