知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の有効期間は?

制度・法律に関する質問

特許の有効期間は?

特許に有効期間のようなものはありますか。

特許権の存続期間は、出願の日から20年をもって終了します。

特許は、その「出願」後、審査を経て「登録」がなされます。そして、登録された特許の存続期間(=有効期間)は、「出願」から20年と定められています。

ここで、注意しなければならないのは、特許権の存続期間は、「登録」の日ではなく、最初の「出願」の日から20年であるということです。

 

また、特許権は、出願日から20年以内であっても消滅することがあります。

例えば、特許権を有効に存在させ続けるためには、登録後に各年毎に定められた所定の料金を特許庁へ納付しなければなりません。この料金が払われていない場合、特許権は消滅します。

その他、権利者による特許権の放棄や、特許を無効にするための手続(無効審判)における無効審決の確定等によっても、特許権は消滅します。

 

なお、医薬品などの特許権については、上記の20年の経過後にも、最長で5年、延長されることがあります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

変化のIT業界。マイクロソフトが特許を開放してコ…

言わずと知れたIT界の大手企業、マイクロソフト。Windows や Office で毎日お世話になっています。…続きを読む

PC上のソフトウェアのイメージ
拒絶査定を受けましたがその商標は継続して使っても…

商標登録をしようと思って出願したものの、拒絶査定を受けてしまいました。商標登録は諦めますがこの商標をそのまま使…続きを読む

Q&A
特許終了後は商品を商標登録で守る

マジックテープの特許 面と面を重ね合わせるだけで様々なものを留めることのできる面ファスナーは、1949年にスイ…続きを読む

会社の名前は商標登録すべきでしょうか?

社名について商標登録しておいた方がいいのでしょうか?

Q&A
ビジネスチャンスにもなる!?出願公開制度 - ノ…

京都大学名誉教授の本庶佑先生。ノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まって以来、テレビなどで連日紹介されてい…続きを読む

化学の研究のイメージ