知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の有効期間は?

制度・法律に関する質問

特許の有効期間は?

特許に有効期間のようなものはありますか。

特許権の存続期間は、出願の日から20年をもって終了します。

特許は、その「出願」後、審査を経て「登録」がなされます。そして、登録された特許の存続期間(=有効期間)は、「出願」から20年と定められています。

ここで、注意しなければならないのは、特許権の存続期間は、「登録」の日ではなく、最初の「出願」の日から20年であるということです。

 

また、特許権は、出願日から20年以内であっても消滅することがあります。

例えば、特許権を有効に存在させ続けるためには、登録後に各年毎に定められた所定の料金を特許庁へ納付しなければなりません。この料金が払われていない場合、特許権は消滅します。

その他、権利者による特許権の放棄や、特許を無効にするための手続(無効審判)における無効審決の確定等によっても、特許権は消滅します。

 

なお、医薬品などの特許権については、上記の20年の経過後にも、最長で5年、延長されることがあります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

Twitter の RT 問題で話題。著作者人格…

知財高等裁判所の判決で「画像のリツイート(RT)によるトリミングは著作者人格権の侵害」とされたことが話題になっ…続きを読む

登録商標とアーティスト。セロテープアート - 瀬…

いつもの朝の FM ラジオを聴いていたら気になるワードが耳に入ってきました。 「世界で唯一のセロテープアート」…続きを読む

商標登録出願の分割要件を強化。大量出願への対応で

先週、特許庁から「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」との案内がありました。 具体的には…続きを読む

状況変化から生まれる課題。そして発明が生まれる

脳梗塞から生まれた発明 5年前、2度目の脳梗塞で生死をさまよい、半身が動かなくなった遠藤一代吉(かずよし)さん…続きを読む

「なんでも縫える技術」で身体補助具を発明

自社製品を作りたい 創業50年を迎える株式会社冨樫縫製(福島県二本松市)は、これまで、ありとあらゆる縫製を手が…続きを読む