知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の有効期間は?

制度・法律に関する質問

特許の有効期間は?

特許に有効期間のようなものはありますか。

特許権の存続期間は、出願の日から20年をもって終了します。

特許は、その「出願」後、審査を経て「登録」がなされます。そして、登録された特許の存続期間(=有効期間)は、「出願」から20年と定められています。

ここで、注意しなければならないのは、特許権の存続期間は、「登録」の日ではなく、最初の「出願」の日から20年であるということです。

 

また、特許権は、出願日から20年以内であっても消滅することがあります。

例えば、特許権を有効に存在させ続けるためには、登録後に各年毎に定められた所定の料金を特許庁へ納付しなければなりません。この料金が払われていない場合、特許権は消滅します。

その他、権利者による特許権の放棄や、特許を無効にするための手続(無効審判)における無効審決の確定等によっても、特許権は消滅します。

 

なお、医薬品などの特許権については、上記の20年の経過後にも、最長で5年、延長されることがあります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

商標権を取得する意味・価値・機能

商標権を取得することによって、どんな利点があるのか —- 商標には自他商品識別・出所表示・品質保証…続きを読む

特許権はいつ消滅しますか?

特許の有効期限はどのくらいでしょうか?

Q&A
燃える!甲子園にまつわる商標たち

今年も全国高校野球選手権のシーズンがやってまいりました。 今年は第100回の大会ということで、盛り上がりも一層…続きを読む

商標とは - キリンビールを例に

どんなものが商標となり、どんな場合には商標権を侵害したと認められるのでしょうか。 世の中には、たくさんの商品が…続きを読む

著作権があれば意匠権は不要?

オシャレな家具をデザインしました。 デザインは著作権で保護されると聞いたのですが、わざわざ意匠権も取得する意味…続きを読む

Q&A