知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の種類とは?

制度・法律に関する質問

特許の種類とは?

特許にはどのような種類がありますか。 

特許法上、発明の種類には、「物の発明」、「方法の発明」、「製造方法の発明」があります。

特許は、法律上、その発明の属する技術分野などによる区別はされておりません。

 

特許法上での発明の種類は、次の3つです。

  1. 物の発明
  2. 単純方法の発明
  3. 物を生産する方法の発明

 

上記の3つの発明の違いは、その実施の態様です。

特許法では、第三者の特許発明についての業としての実施が、その特許権の侵害となります。

このため、特許発明が上記の3つのうちのいずれであるかによって、特許権の侵害に該当することとなる第三者の実施行為が異なることがあります。

 

具体的には、例えば、「2.単純方法の発明」では、その方法の使用しか侵害に該当しないのに対し、「3.物を生産する方法の発明」では、その方法の使用に加え、その方法により生産した物の使用等も侵害となります。

 

よって、出願時には、想定される実施の態様を洗いだし、発明の種類を適切に見極める必要があります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

セミナーレポート: 新製品開発に役立つ開放特許の…

2018年9月5日(水)に愛知県豊田市で開催された「知財ビジネスマッチングセミナー」の様子をレポートします。 …続きを読む

AI活用に積極的な特許庁と法務業界

特許庁から「平成30年度機械学習を活用した特許動向分析の実行可能性調査についての一般競争入札公告」のアナウンス…続きを読む

商標登録、商品やサービスとの関係

商標とは、商品やサービスに標章(名称やロゴなど)が用いられて初めて完成する取引上の「目印」のことです。 つまり…続きを読む

ゲームのアイデアはどのように保護されますか?

スマホゲームを開発してリリースする予定です。 このゲームのアイデアについて権利で守ることはできるのでしょうか?

Q&A
商標制度の変遷 - 新しいタイプの商標

商標制度は進歩しています。 立体的な商標が新しく認められ、最近では更に多くの形態の商標が登録できるようになって…続きを読む