知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の種類とは?

制度・法律に関する質問

特許の種類とは?

特許にはどのような種類がありますか。 

特許法上、発明の種類には、「物の発明」、「方法の発明」、「製造方法の発明」があります。

特許は、法律上、その発明の属する技術分野などによる区別はされておりません。

 

特許法上での発明の種類は、次の3つです。

  1. 物の発明
  2. 単純方法の発明
  3. 物を生産する方法の発明

 

上記の3つの発明の違いは、その実施の態様です。

特許法では、第三者の特許発明についての業としての実施が、その特許権の侵害となります。

このため、特許発明が上記の3つのうちのいずれであるかによって、特許権の侵害に該当することとなる第三者の実施行為が異なることがあります。

 

具体的には、例えば、「2.単純方法の発明」では、その方法の使用しか侵害に該当しないのに対し、「3.物を生産する方法の発明」では、その方法の使用に加え、その方法により生産した物の使用等も侵害となります。

 

よって、出願時には、想定される実施の態様を洗いだし、発明の種類を適切に見極める必要があります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

新規性とは何ですか?

発明が特許になる条件として「新規性」が必要とのことですが、具体的にはどのようなことですか?

Q&A
Twitter の RT 問題で話題。著作者人格…

知財高等裁判所の判決で「画像のリツイート(RT)によるトリミングは著作者人格権の侵害」とされたことが話題になっ…続きを読む

登録商標とアーティスト。セロテープアート - 瀬…

いつもの朝の FM ラジオを聴いていたら気になるワードが耳に入ってきました。 「世界で唯一のセロテープアート」…続きを読む

商標登録出願の分割要件を強化。大量出願への対応で

先週、特許庁から「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」との案内がありました。 具体的には…続きを読む

状況変化から生まれる課題。そして発明が生まれる

脳梗塞から生まれた発明 5年前、2度目の脳梗塞で生死をさまよい、半身が動かなくなった遠藤一代吉(かずよし)さん…続きを読む