知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の種類とは?

制度・法律に関する質問

特許の種類とは?

特許にはどのような種類がありますか。 

特許法上、発明の種類には、「物の発明」、「方法の発明」、「製造方法の発明」があります。

特許は、法律上、その発明の属する技術分野などによる区別はされておりません。

 

特許法上での発明の種類は、次の3つです。

  1. 物の発明
  2. 単純方法の発明
  3. 物を生産する方法の発明

 

上記の3つの発明の違いは、その実施の態様です。

特許法では、第三者の特許発明についての業としての実施が、その特許権の侵害となります。

このため、特許発明が上記の3つのうちのいずれであるかによって、特許権の侵害に該当することとなる第三者の実施行為が異なることがあります。

 

具体的には、例えば、「2.単純方法の発明」では、その方法の使用しか侵害に該当しないのに対し、「3.物を生産する方法の発明」では、その方法の使用に加え、その方法により生産した物の使用等も侵害となります。

 

よって、出願時には、想定される実施の態様を洗いだし、発明の種類を適切に見極める必要があります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

外国出願補助金の申請を依頼できますか?

外国への特許出願について支援事業の補助金を申請しようと思います。 申請は初めてなので依頼をしようと思うのですが…続きを読む

Q&A
国際商標を取得するにはどうすればよいですか?

海外での事業を検討しています。 国際商標はどうすれば取得できますか?

Q&A
特許事務所による補助金申請のサポートサービス

補助金の申請、どうする? 毎年、外国出願などの知的財産活動に助成金を提供する支援事業が行われています。知的財産…続きを読む

[参考資料] 甲信越・静岡地区 平成29年度中小…

甲信越・静岡地区の平成29年度・中小企業等外国出願支援事業補助金の採択先をまとめました。 新潟県 1次募集期間…続きを読む

なぜ外国にも特許出願をしなければいけないのですか…

日本で特許を出願していますが、外国への出願も進められました。 日本で特許をとれると思いますが、なぜわざわざ外国…続きを読む

Q&A