知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許査定と登録の違いは?

手続に関する質問

特許査定と登録の違いは?

特許出願をしたところ、特許査定を特許庁からもらいました。特許査定は登録とどう違うのでしょうか?どの時点で権利があるといえるのでしょうか?

特許査定が出されただけでは権利はまだ発生しておらず、特許権の設定登録があって初めて権利が発生します。

特許出願の後、審査官が特許出願された発明が特許できるものであるかどうか審査します。審査の結果、拒絶の理由を発見しなかった場合、または意見書や手続補正書により拒絶理由が解消した場合、審査官は「特許査定」を行います。

特許査定がされると、出願人に特許査定謄本が送達されます。出願人は、特許査定謄本の送達があった日から30日以内に、特許庁に対し所定額の特許料を納付します。特許料が納付されると、特許庁により、特許原簿に「特許権の設定登録」が行われ、特許番号が付されます。これにより、特許権が発生します。すなわち、特許権は、特許権の設定登録日から発生するのです。

審査の結果、特許査定が出されたからといってすぐに特許権が発生するのではなく、特許料を納付して初めて、特許原簿に「特許権の設定登録」が行われ、特許権が発生するのです

なお、特許権者には、特許原簿に設定登録された旨の通知として、特許番号、登録日などを記載した「特許証」が送付され、設定登録後には、「特許公報」が発行されます。

 

回答日:2016年6月30日

無料相談

最新記事

商号と商標の違いは?
Q&A
同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む