知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許査定と登録の違いは?

手続に関する質問

特許査定と登録の違いは?

特許出願をしたところ、特許査定を特許庁からもらいました。特許査定は登録とどう違うのでしょうか?どの時点で権利があるといえるのでしょうか?

特許査定が出されただけでは権利はまだ発生しておらず、特許権の設定登録があって初めて権利が発生します。

特許出願の後、審査官が特許出願された発明が特許できるものであるかどうか審査します。審査の結果、拒絶の理由を発見しなかった場合、または意見書や手続補正書により拒絶理由が解消した場合、審査官は「特許査定」を行います。

特許査定がされると、出願人に特許査定謄本が送達されます。出願人は、特許査定謄本の送達があった日から30日以内に、特許庁に対し所定額の特許料を納付します。特許料が納付されると、特許庁により、特許原簿に「特許権の設定登録」が行われ、特許番号が付されます。これにより、特許権が発生します。すなわち、特許権は、特許権の設定登録日から発生するのです。

審査の結果、特許査定が出されたからといってすぐに特許権が発生するのではなく、特許料を納付して初めて、特許原簿に「特許権の設定登録」が行われ、特許権が発生するのです

なお、特許権者には、特許原簿に設定登録された旨の通知として、特許番号、登録日などを記載した「特許証」が送付され、設定登録後には、「特許公報」が発行されます。

 

回答日:2016年6月30日

無料相談

最新記事

特許を借りて商品の差別化

特許を借りる? ケイアンドエフ・オフィス(東京都)は、CD・DVDのコピーをメインとする企業です。そこに、服飾…続きを読む

ビジネス法務4月号に「知的財産部の開放特許事業」…

ビジネス法務4月号に発明plus代表の富澤弁理士が寄稿した開放特許に関する記事が掲載されました。 タイトル 開…続きを読む

発明家になろう! 第1回 発明するのは私

発明って誰でもできる!? ~発明の方法教えます~ 発明というと大学や専門機関などで難しく考えてしているものとい…続きを読む

9人のアイデアマン
愛知県豊田市、開放特許活用による製品開発支援事業…

開放特許の活用+中小企業の連携で商品開発 愛知県豊田市で今年度(平成29年度)から始まった製品開発の支援プロジ…続きを読む

ヨーロッパへの特許出願について教えてください。
Q&A