知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の審査請求とは?

手続に関する質問

特許の審査請求とは?

以前に特許出願をしましたが、そのときの特許事務所から「審査請求はどうするか」との問い合わせがありました。

特許出願をすれば審査されるのではないのでしょうか?
問い合わせがあるということは、審査請求をしないという選択肢があるのでしょうか?

出願した特許が権利化されうるか否かについて、審査を特許庁に対して請求することをいいます。

特許は、出願を完了しただけでは審査が開始されません。審査を受けるためには審査請求を行う必要があります。

審査請求を期間内に行わなければ、特許出願が取り下げられたものとみなされるため、注意する必要があります。取り下げられたものとみなされた出願は、以後審査請求を行うことはできず、その出願に関しての権利化は今後一切不可能となってしまいます。

審査請求は出願日から3年以内に行う必要があります。もちろん出願と同時に行うことも可能です。

原則、審査は審査請求された順番で行われます。そのため、早く権利化を目指すならば、早めに審査請求を行うことが重要になります。

現在、審査請求をしてから、審査結果が初めて出願人に通知されるまでに2年程度の時間を要しています。早い権利化を目指すならば、出願後速やかに審査請求をすることはもちろん、早期審査制度や優先審査制度の利用も考えることができます。

審査請求を行わなければ、取り下げとみなされてしまいますが、審査請求をするかしないかは、あくまで出願人の自由です。審査請求を行う割合はおよそ全体の50%であり、残りの50%の特許出願は審査を受けることなく、取り下げたものとみなされます。

なぜ特許出願のおよそ50%しか審査請求されないのかというと、審査請求期間の3年間のうちに、権利化が不要になって止めたり、また、実務的には、「特許出願中」だけで十分であると考えたりする場合があるからです。また、特許出願の日から1年6か月経過すればどの出願も出願公開されます。そのため、第三者が発明を真似して特許出願をしても、すでにその発明が公開されているため、権利化されることはありません。このように、出願が、他社への牽制効果を目的とするものであれば、審査請求をする必要はないと考える場合があります。なお、審査請求は、出願人以外の第三者も行うことができます。

審査請求は、具体的には、「出願審査請求書」を提出することにより行います。また、審査請求には、高額の印紙代が必要です。中小企業・ベンチャー企業・開発主導型企業等には、所定の条件を満たせば、印紙代・審査請求行の減免や猶予の制度があります。

回答日:2016年7月14日

無料相談