知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の明細書の様式はどのようなものですか?

手続に関する質問

特許の明細書の様式はどのようなものですか?

特許の明細書にはなにか決まった様式があるのですか?
あるとすればそれはどのようなものですか?

一般的に、明細書はA4の用紙を用い、1行は40字詰めとし、1ページは50行以内で記載するという様式です。

具体的には、どのような発明であるかにもよりますが、明細書には、一般的に次の事項を記載します。

  1. 発明の名称 ・・・発明の内容を簡明に表示したものを、発明の名称として記載します。
  2. 技術分野  ・・・特許を受けようとする発明の属する技術の分野を記載します。
  3. 背景技術  ・・・特許を受けようとする発明に関連する従来の技術について記載します。
  4. 先行技術文献・・・特許を受けようとする発明に関連する文献公知発明がある場合、その刊行物の名称や、その文献公知発明に関する情報の所在を記載します。
  5. 発明の概要  ・・・発明の概要として、(1)発明が解決しようとする課題、(2)課題を解決するための手段、(3)発明の効果を記載します。
  6. 図面の簡単な説明・・・発明の説明に図面を用いた場合、各図の簡単な説明を記載します。
  7. 発明を実施するための形態 ・・・発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(いわゆる当業者)が、その発明を実施することができるように、発明をどのように実施するかを記載します。

回答日:2016年9月7日

無料相談