知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
匿名での出願はできないのですか?

手続に関する質問

匿名での出願はできないのですか?

趣味でした発明の特許出願を考えています。
会社に特許をとったことを知られたくないので、特許公開公報や特許公報に名前が載らないように匿名で出願をすることはできませんか?

出願には必ず出願人と発明者を記載する必要があります。

特許出願の願書には、必ず出願人と発明者を記載することになっており、この内容は特許公報等の各種公報に掲載されます。匿名での出願は受け付けてもらえません。実用新案(出願人と考案者)や意匠(出願人と創作者)も同様です。

出願人を記載するのは、権利者を明らかにするためです。この情報がないと、第三者が誰が権利を持っているのか、警告を受けた場合に本当にその人が権利者か、などを確認する術がなくなってしまいます。
特許権は他人の行動を排除できる強力な権利ですので、権利者が誰なのか、広く知らせる必要があるのです。

一方、発明者は「特許を受ける権利」に関わってきます。
特許の取得は「発明をした者」に認められた権利です(譲渡によってその権利を他人に渡すことは可能です)。すなわち、出願人が正当に特許を取得すべき者かどうかは、発明者から辿る必要があるのです。
そのような理由から発明者も明らかにしておく必要があり、匿名とすることはできません。

なお、出願人は法人とすることもできますので、例えば会社を設立してその会社名義で出願することは可能です。代理人(弁理士)によらずに自身で出願をする場合は会社の代表者も願書には記載しますが、この代表者はいまの運用では公報には載らないようです。
一方、発明者(考案者・創作者)は法人とすることはできません。発明をするのは人間(自然人といいます)に限られると法律上は考えられているからです。したがって、発明者には発明をしたご自身の氏名を記載するほかありません。

回答日:

無料相談