知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願は自分でもできますか?

手続に関する質問

特許出願は自分でもできますか?

発明を思いついたので特許を取りたいと考えています。
個人でした発明なのであまりお金をかけたくはないのですが、特許出願は特許事務所に頼む代わりに自分ですることはできませんか?

自分で特許出願することは可能です。

特許出願は、行政手続の一種ですので、当然ご自身で行うことは可能です。
弁理士や特許業務法人に依頼した場合は、本人の手続を代理するという扱いです。

書店や図書館には自分でできる特許出願という趣旨の書籍もあり、ウェブ上にも多くの情報がありますので、そのような資料を参考にすれば特許出願はできるかと思います。

特許出願には基本的には次の2種類の方法があります。

インターネット出願
専用のソフトウェアを使ってインターネットを介して出願します。自己を証明する電子証明書(住基カード等)が必要です。各地の知財総合支援窓口には貸出端末もあります。
書面出願
書面(紙)を郵送または持参によって提出することで出願します。郵送の場合は出願日認定の関係で、日本郵便差出日が証明されるサービス(簡易書留等)を利用して発送します。書面出願の場合、出願料とは別に電子化手数料がかかる点にも注意が必要です。

特許出願はご自身でも可能ではありますが、出願の後には審査対応をはじめとする様々な手続が必要となります。結局このような手続が必要になった段階で特許事務所にご依頼をされるということであれば、出願から特許事務所に依頼されることをお勧めします。特許事務所では、出願の段階から審査内容を想定して戦略的な書類を作成してもらえると思います。

また、書籍やインターネット上の情報を参考にすれば、特許出願に必要な書類を作成することはできると思われますが、その内容、特に権利範囲(特許請求の範囲)の決め方については、加減の難しいところがあります。後から追加したいと思っても、出願後にはそうそう追加はできませんので、大事な発明であればこそ、専門家と一緒に検討されることをお勧めします。

回答日:2017年12月13日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む