知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願後に行うべきことは何ですか?

手続に関する質問

特許出願後に行うべきことは何ですか?

出願が完了しました。今後、その出願に関し行うべきことは何かありますか。

権利化するためには、出願審査請求をすることが必要です。ただし、その前に補正の必要性の検討をしましょう。

出願審査請求

特許出願後、権利化するためには、出願日から3年以内に出願審査請求をしなければなりません。
出願審査請求をしない限り、特許庁での審査は開始されません。特許庁も権利化の意思のない出願まで審査するのは無駄と考えているからです。
出願審査請求にもお金がかかります。最長3年、特許権が本当に欲しいのかを検討する時間があるとも言えます。なお、出願から3年の間に出願審査請求をしない場合には、権利化意思のないものとして、その出願は取り下げられたものとみなされます。

補正の検討

いざ出願審査請求をすることとしたとき、その前に一度、「補正」の必要性を検討することをお勧めします。補正とは、出願の内容を修正する手続のことです。

なぜ補正の検討を勧めるかというと、出願時には予期していない事情、たとえば、他社が実施している内容が出願後に判明したりすることがあるからです。出願当初の特許請求の範囲(請求項)の内容が他社実施品を含んでおらず、そのまま権利化された場合、その他社に対して特許権を行使できなくなってしまいます。
そのような状況に陥らないためにも、他社実施品が特許発明の技術的範囲に属するか、 また、出願当初の請求項に記載した内容に、不必要な限定事項が含まれていないかどうか、を検討し、必要なら補正をしてから審査請求をする必要があります。

出願審査請求をし、審査が開始されて1回目の拒絶理由通知が来た後では、補正できる範囲がかなり限定されてしまいます。そのため、拒絶理由通知がくる前、できれば出願審査請求をする時に補正の必要性を検討しましょう。

回答日:2016年4月26日

無料相談