知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許を取得するためには?

手続に関する質問

特許を取得するためには?

特許の取得を考えていますが、どうすればよいでしょうか。 

まずは、完成した発明について特許出願という手続を取る必要があります。

特許を取得するためには、少なくとも「発明を完成させること」「特許出願をすること」が必要です。特許法では「最初に特許出願をした者」に特許を与えるとしており、また、特許出願前に他人に知られたり、公開したりした発明は特許を受けられないとしています。発明が完成したら、まずは特許出願をすることが大切です。

 

では、もう少し詳しく説明します。まず、特許を取得するには、特許に値するレベルで完成した発明が必要です。単に「○○したらいいかも」とか「○○できたらいいな」といった抽象的なアイデア段階のものでは、特許を取得できません。発明の内容と効果を再現できる程度には、具体化する必要があります。

 

次に、特許法で定められた手続が必要で、そのスタートが先に述べた「特許出願」です。その後、「審査請求」をして、発明が特許法に定められた要件(新規性や進歩性など)を満たしているかの審査を特許庁で受けます。この審査での判断に対しては、反論や補正といった攻防の手続(「意見書」や「手続補正書」の提出)を行います。晴れて特許をするとの判断(「特許査定」といいます)がなされたら、「特許料の納付」を行うことで、特許の取得(特許の「設定登録」)となります。これら特許取得手続の概略手順を、下図に示しています。(※ここで紹介したのは手続の一例であり、実際には他にも手続が必要となるケースがあります。)

各手続は、特許取得の可否や権利の範囲にも影響を与える専門性の高い手続ですので、特許の専門家である「弁理士」への依頼がお勧めです。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む