知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願を自分で行うことはできますか?

手続に関する質問

特許出願を自分で行うことはできますか?

特許を出願をしたいと考えていますが、自分で手続を行ってもよいのでしょうか。
特許事務所などへ依頼しなければならないのでしょうか。

特許に関する手続は、自ら行うことができます。

一般的に特許等、知的財産に関する手続は弁理士のいる特許事務所や特許業務法人が代理して行うケースが多いです。
しかしながら、ご自身で特許に関する手続を行うことは可能であり、自ら手続をされる方もいらっしゃいます。

但し、特許取得の手続を進めるには、特許法や審査基準等の制度をよく理解していなければなりません。

まず、出願書類を作成するにあたり、制度に適合することはもちろん、適切な権利を取得できるような記載をすることが求められます。
よく検討せずに書類を作成してしまうと、自分の製品を守れなかったり、他社を牽制できなかったりといった、十分な効力をもたない特許権となってしまうおそれがあります。

また、特許権を取得するためには、出願後、特許庁での審査を通過する必要があります。
審査の過程で特許できない理由(拒絶理由)が発見され、その通知を受けた場合には、意見書による反論や、補正書による出願書類の内容の補正等の対処を、定められた所定の期間内に適切に行わなければなりません。
補正には厳しい条件がいくつかあり、対処が困難となることがあります。好ましくは、出願の段階から補正の可能性を考慮して書類を作成したいところです。

例えばご自身で出願をし、拒絶理由通知を受けたときに対処が困難となった場合、その時に弁理士に対処を依頼をしたとしても、出願当初の書類の内容ではどうにもならないこともあります。そうすると、出願費用が無駄になってしまうだけでなく、そもそも特許を取得できなくなる可能性もあります。

特許等の知的財産の専門家として「弁理士」がいますが、これは知的財産の手続の代理を職とするための資格です。
したがって、特許取得の手続を依頼する場合には、弁理士のいる特許事務所や特許業務法人(または弁護士も可)に依頼する必要があります。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

商号と商標の違いは?
Q&A
同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む