知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
実用新案権の登録料はいつ、いくら支払う必要があるの?

手続に関する質問

実用新案権の登録料はいつ、いくら支払う必要があるの?

実用新案権の登録料は、特許と同様に特許査定後に支払うのでしょうか。また、いくらになるのでしょうか。

実用新案権の登録料は、出願と同時に納付しなければなりません。

実用新案権の設定登録に係る登録料の納付は、実用新案登録出願と同時に一時に納付しなければなりません。そのため、実用新案登録出願の際は、出願料(14,000円)と3年分の登録料を一緒に支払う必要があります。

  • 3年分の登録料は、(2,100円+100円×請求項の数)×3(2016年7月1日現在)です。

設定登録された日から4年目以降の年金(権利維持料金)を特許庁に毎年納付しなければなりません。納付期限は前年までです。登録後3年以降は、

  • 4~6年:毎年6,100円+300円×請求項の数
  • 7~10年:毎年18,100円+900円×請求項の数(2016年7月1日現在)

となっています。年金を納付しない場合は、年金納付期限日経過後に実用新案権が消滅します。例えば、4年目の年金を納付しなかった場合は、設定登録日から3年間だけ実用新案権が存在することになります。

なお、改定もあるため、実際に納付すべき登録料は、産業財産権関係料金一覧の4.特許料・登録料(2)実用新案登録料をご覧ください。

また、登録料の計算については、特許庁により、簡単に料金が計算できる「手続料金自動計算システム 」が提供されています。

なお、設定登録に係る登録料の納付に際し、所定の要件を満たす個人の場合、登録料の免除又は猶予の適用を受けることができます。

 

 

回答日:2016年7月4日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む