知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

戦略・活用に関する質問

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品として該当するかと思います。
この場合、「電子計算機用プログラム」の上位概念に当たる(包含する)「電子応用機械器具及びその部品」を指定しておけば、あえて「電子計算機用プログラム」を指定商品として記載しなくても問題はないでしょうか?

基本的には上位概念のみでも構いませんが、個別に記載したほうがよいケースもあります。

商標登録出願の際には、特許庁の類似商品・役務審査基準の区分や商品・役務(以下、商品等と表記)を参考にします。この審査基準では、実際に指定しようとする商品・役務に対して上位概念が表記されている場合があります。

上位概念とは別の下位概念を含む大きな範囲を表すものですので、基本的には上位概念を指定しておけば、下位概念の商品・役務も商標の指定に含まれると考えられます。従って、商標登録出願に当たっては上位概念を指定しておけば、下位概念もその指定の範囲に含まれると考えても問題はありません。

とはいえ、下位概念の商品・役務を個別に指定したほうがよいケースもあります。

特に、新しい商品やサービスを考えている場合には、上位概念とは別にその商品やサービスをある程度具体的に表す指定を記載することをお勧めします。まだ類似商品・役務審査基準に記載されていないような新しい商品やサービスの場合は、後々の判断で上位概念(と思っていたもの)に含まれるのか否かが変わる可能性もあるためです。
個別に指定商品・役務を記載しておけば、万が一上位概念に含まれないと判断される場合であっても、その記載のおかげで商標権の範疇から漏らさずに済みます。

指定商品・指定役務は基本的には上位概念で記載すれば形としては問題ありませんが、審査や権利活用を踏まえて書き方を工夫することもできる部分です。気になる場合は、商標の取り扱いに実績のある特許事務所などに相談されることをお勧めいたします。

回答日:2019年3月22日

無料相談

最新記事

著作権が消滅した絵画をTシャツにプリントしてもい…

作者が亡くなって70年経過した絵画は著作権が消滅していると思います。その絵画ならTシャツなどの服にプリントして…続きを読む

Q&A
Appleの新製品を知財で予想

年一回開催されるApple社の新製品発表会。毎回どんな新製品が出てくるのか、どんな新サービスが始まるのか、楽し…続きを読む

特許はどこで調べられますか?

インターネット上で特許を調べられるサイトはありますか?

Q&A
アメリカのファイナルアクション(最終拒絶理由通知…
Q&A
モノを特定するのに登録番号は役に立つ

アメリカ留学していた際お世話になった教会の牧師夫人から、写真付きメッセージが届きました。 Any idea w…続きを読む