知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許がいらなくなったら?

戦略・活用に関する質問

特許がいらなくなったら?

すっと持っている特許権がありますが、いまの事業を考えると保有している必要はなくなりました。どうすればよいでしょうか?

消滅させることもできますし、欲しい人に売却することもできます。

特許権の存続期間(有効期限)は出願から20年ですが、それよりも前に消滅させることもできます。年ごとに特許庁に納めることになっている特許料(年金)を納めなければ、それだけで消滅します。ただし、一旦、消滅させてしまった特許権は原則、復活させることができません

そのため、消滅させてしまう前に、その特許権が本当に不要のなものであるのかをもう一度、見直すことが重要です。例えば、今は実施する予定がなくとも、数年後に実施する予定がないかを確認します。また、自社にとっては必要でなくなってしまった特許権であっても、他社が必要としていることがあります。この場合、特許権を必要としている相手に「売る」または「貸す(ライセンス)」ことができます。特許権を消滅させる場合はただそれだけですが、売ったり貸したりすれば売却益や使用料(ライセンス料)として収入を得られる可能性すらあります。

よく考えた末にやはりその特許権を維持する必要はないと判断した場合には特許料を納めるのをやめて、特許権を消滅させられます。なお、何らかの事情で特許権をできるだけ早く消滅させたい場合には、特許庁に対して特許権を放棄するための手続をとることもできます。この手続によってすぐに特許権を消滅させることができますが、すでに納付してしまった特許料については返還されませんので、注意が必要です。

回答日:2019年9月12日

無料相談