知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許を取得する必要性は?

戦略・活用に関する質問

特許を取得する必要性は?

特許を取得すべきかどうか悩んでいます。 

模倣の可能性、費用対効果を考慮して、特許の取得が必要かどうかを判断しなければなりません。

模倣が可能かどうか 

一般的に、リバースエンジニアリングが可能であるかが、特許の取得が必要であるか否かの判断基準であるとされています。

つまり、販売された製品の分析によって同じものが製造できてしまう、あるいは同じ方法でその製品が製造できてしまう場合には、特許を取得しておいた方が良いと考えられています。

一方、販売された製品を分析しても、模倣品の製造や、製造方法の模倣が不可能である場合には、特許を取得する必要性は低いと考えられています。

 

模倣を許容できるかどうか 

特許を取得していた場合、特許権者は、その特許発明を不当に実施し、特許権を侵害している第三者に対して、「差止請求権」、「損害賠償請求権」等を行使することができます。

「差止請求権」とは、第三者による特許権の侵害行為の停止、または予防を求めることができる権利です。つまり、「差止請求権」は、市場を独占することができる権利です。

「損害賠償請求権」とは、特許権の侵害行為により特許権者が被った損害(例:売上の減少)の賠償を求めることができる権利です。

特許権を取得していなかった場合、当然、これらの権利を行使することはできません。

すなわち、他社が模倣品を製造・販売していた場合に、その行為を停止させることも、被った損害の回復を図ることもできません。

そして、権利行使を行う予定がなく、模倣を許容できる場合、特許を取得する必要はありません。

 

費用対効果が高いかどうか 

特許の取得には、費用がかかります。

よって、市場の独占やライセンスによって、特許の取得にかかった費用を回収できる技術については、特許を取得すべきです。

一方、特許を取得しても得られる利益が十分でない技術については、特許を取得する必要性が低いと考えられます。

回答日:2016年4月28日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む