知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
開放特許を使うための費用はいくらですか?

知財トレンドに関する質問

開放特許を使うための費用はいくらですか?

開放特許の活用をアドバイスされましたが、ライセンス料は必要なのでしょうか?
通常のライセンスよりも安く抑えられますか?

契約次第ですが、一般的なライセンス料(特許使用料)とそれほど変わりません。

開放特許とは言っても通常の特許権と何ら変わりがありません。一般的には、通常のライセンス契約と同じ程度の使用料で契約されることが多いようです。
(開放特許とは、他社に使ってもらう(開放する)意思のある特許という意味ですので、費用的に有利というわけではありません。)

開放特許のライセンス契約の一般的な例としては、

  1. 契約時に数万円~50万円程度の契約料
  2. 製品化された場合に商品出荷価格の3~5%程度の特許使用料

のようなものがあります。

なお、ここに挙げたのは一例ですので、特許の価値や事業の価値などによっていずれの料金も大きく変動します。ライセンスの額は契約によってケースバイケースです。

特許権者は他社に技術を使ってもらうことでライセンス収入を得られるので、開放の意思を生むとも考えられます。
特許技術を使う側としては、その料金を払っても価値があると考える場合に開放特許の採用を選択します。

回答日:2018年8月29日

無料相談

開放特許の記事

特許公報から探る開放特許

保有する特許について積極的な実施許諾(ライセンス)などを推進する開放特許の動きが盛んです。対象となる企業や特許…続きを読む

クラウドファンディング、はじめました。

発明プラスが挑戦するクラウドファンディングです。プロジェクトの詳細はリンク先をぜひご覧ください! 二枚の刃で下…続きを読む

ニッチな商品で活用する知的財産権

大量製造の時代は終焉 現代は大ロット生産・大量販売の時代ではなくなり、小ロット生産・少量販売の時代になったと言…続きを読む

標準化戦略と特許権の関係

HV特許を開放したトヨタ トヨタ自動車(愛知県)がハイブリッド車(HV)に関係する特許を無償開放するということ…続きを読む

トヨタのHV特許開放とその意義

少し前の話ですが、トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の関連技術について、約23,740件もの特許を他社へ無償…続きを読む