知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
「特許出願中」「特許申請中」の意味は?

知財トレンドに関する質問

「特許出願中」「特許申請中」の意味は?

「特許出願中」や「特許申請中」と書かれた商品を目にすることがありますが、どのような意味があるのでしょうか?
特許を取得しているわけではないのですよね?

主に技術のアピールや模倣の防止を意図して表示されています。

「特許出願中」のステータス

「特許出願中」「特許申請中」という表示は、特許出願後であって特許取得前の状態であることを意味します。「特許出願済」という表示がされることもありますが、これも多くは出願はしたけれど今だ登録にはなっていないという状態です。

特許を取得するための手続は、発明について特許庁に申請する「特許出願」からスタートします。その後、特許庁の「審査」を経て「特許査定」を受け、「特許料の納付」を行うことで「特許権の取得」(特許の設定登録)となります。

この手続の間、「特許出願中」という表記は、特許出願をすでに済ませ、特許取得に向けて動いている段階に用いられます。言い換えると「特許出願中」はほとんどが未審査または審査中の段階ですので、必ずしもその技術が特許となるわけではなく、結果的に特許にならないこともありえます。

「特許出願中」表示のメリット

商品に「特許出願中」のような表示をすることで、商品のアピール模倣の防止の効果が期待できます。

特許は、従来にはなかった新しい発明について与えられるものです。このため、特許取得に向けて動いていることを表示することで、新技術を用いた商品であることをアピールすることができます。さらに、どのような技術について特許出願中かを示しておくことで、その商品のセールスポイントを明確にすることもできます。

また、特許を取得できた場合、他社による模倣品の製造・販売を制限することなどが可能になりますが、特許の取得には時間がかかります(ケースバイケースですが、一般的には数年を要します)。
将来的に特許になる可能性があることを表示しておくことで、迂闊には模倣できない商品であることを周知することができますので、競合他社による模倣の抑止にもなります。

回答日:2017年11月10日

無料相談

最新記事

クラウドファンディング、はじめました。

発明プラスが挑戦するクラウドファンディングです。プロジェクトの詳細はリンク先をぜひご覧ください! 二枚の刃で下…続きを読む

特許を秘密にすることはできないのでしょうか?

技術をあまり知られたくないのですが、特許には秘密意匠のような制度はないのでしょうか?

Q&A
欧州特許庁はどこにある

欧州特許庁への特許出願 EU(ヨーロッパ連合)の各国に特許出願する際に、欧州特許庁(EPO)に欧州特許出願をす…続きを読む

ファストトラック審査とは何ですか?
Q&A
外国の商標を検索する方法は?

外国での商標登録の状況を知りたいのですが、どこで調べられますか?

Q&A