知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
「特許出願中」「特許申請中」の意味は?

知財トレンドに関する質問

「特許出願中」「特許申請中」の意味は?

「特許出願中」や「特許申請中」と書かれた商品を目にすることがありますが、どのような意味があるのでしょうか?
特許を取得しているわけではないのですよね?

主に技術のアピールや模倣の防止を意図して表示されています。

「特許出願中」のステータス

「特許出願中」「特許申請中」という表示は、特許出願後であって特許取得前の状態であることを意味します。「特許出願済」という表示がされることもありますが、これも多くは出願はしたけれど今だ登録にはなっていないという状態です。

特許を取得するための手続は、発明について特許庁に申請する「特許出願」からスタートします。その後、特許庁の「審査」を経て「特許査定」を受け、「特許料の納付」を行うことで「特許権の取得」(特許の設定登録)となります。

この手続の間、「特許出願中」という表記は、特許出願をすでに済ませ、特許取得に向けて動いている段階に用いられます。言い換えると「特許出願中」はほとんどが未審査または審査中の段階ですので、必ずしもその技術が特許となるわけではなく、結果的に特許にならないこともありえます。

「特許出願中」表示のメリット

商品に「特許出願中」のような表示をすることで、商品のアピール模倣の防止の効果が期待できます。

特許は、従来にはなかった新しい発明について与えられるものです。このため、特許取得に向けて動いていることを表示することで、新技術を用いた商品であることをアピールすることができます。さらに、どのような技術について特許出願中かを示しておくことで、その商品のセールスポイントを明確にすることもできます。

また、特許を取得できた場合、他社による模倣品の製造・販売を制限することなどが可能になりますが、特許の取得には時間がかかります(ケースバイケースですが、一般的には数年を要します)。
将来的に特許になる可能性があることを表示しておくことで、迂闊には模倣できない商品であることを周知することができますので、競合他社による模倣の抑止にもなります。

回答日:2017年11月10日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A