知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
日本で最初の特許は?

知財トレンドに関する質問

日本で最初の特許は?

日本で最初の特許とはどのようなものですか?

「堀田式錆止塗料とその塗法」という名称の特許です。

堀田瑞松によって明治18年7月1日に出願され、同年8月14日付で登録された「堀田式錆止塗料とその塗法」が、日本で最初に取得された特許です。
生漆を主成分とする錆止塗料と、その塗料の塗布方法に関する発明です。

当時、鉄製船舶の海水による腐食が問題となっており、また、それまでの錆止塗料は耐久性があまり高くないために頻繁に塗り直しが必要でした。
そこで、耐久性と防錆力の高い塗膜を形成すべく、この発明がなされました。

回答日:2017年11月27日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A