知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許を取れば儲かるんですか?

知財トレンドに関する質問

特許を取れば儲かるんですか?

特許を取っているのに儲かっていないという会社の設定がテレビドラマに出てきました。
特許を取ったのにそんなことありますか?

取得した特許は活用してこそ儲かります。

特許権とは、簡単にいえば「技術を独占する権利」です。

自分でその技術を使う、他人にその技術を使わせるなど、方法はいろいろありますが、その特許技術が活用されなければ儲かることはありません。
取得したものの技術が活用されない特許は、死蔵特許休眠特許と呼ばれるものになってしまいます。

また、その技術に人気のあるものでなければ、儲けることはなかなか難しいでしょう。
人気があるのであれば自社商品が売れたり他社からライセンス収入を得たりできますが、人気がなくてあまり使われない技術では収入の見込みがありません。

それでも「権利を持っておけば」と考えられるかもしれませんが、特許の取得にはそれなりの費用がかかります。特許庁に納付する金額と特許事務所へ依頼する費用です。
これらの費用と、特許による収入のトレードオフですが、まったく収入に繋がらなければ赤字ともなりかねません。特許による広告宣伝効果も考えられますので一概には言えませんが、事業の展開を踏まえて特許取得を検討する必要がありそうです。

 

また、加えて、特許の「善し悪し」もあります。
特許には特許請求の範囲という書類で定義される権利範囲があります。この範囲に広く技術を含む場合は大きなライセンス収入を見込めますが、狭ければ類似する他社商品を排除できないような場合もあり得ます。
一方で、広い権利範囲はそれだけ特許を無効にされるリスクなどもありますので、匙加減の難しいところでもあります。

回答日:

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A