知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
意匠公知資料とは?

知財トレンドに関する質問

意匠公知資料とは?

「意匠公知資料」ってなんですか?

すでに世の中に知られた「意匠」を調べるための資料です。

意匠登録には「新規性」「創作非容易性」が求められます。新規性とは、既に世に知られた意匠でないこと、創作非容易性とは既に知られた形状等に基づいて容易に創作することができないことを意味します。このとき、「すでに世に知られた意匠」を調べるための資料が意匠公知資料です。

もともと特許庁での審査に利用される意匠公知資料ですが、出願を検討する人などにとっても役立つ情報ですので、特許庁提供の検索システム J-PlatPat でも公開されています。
新規性や創作非容易性を考える上で、意匠登録出願の際に、出願しようとする意匠に関連してどのような意匠が既に世に知られているかを把握することは重要です。J-PlatPat の意匠公知資料は意匠公報の情報とともに、意匠登録出願の事前調査に役立つでしょう。

意匠公知資料には、特許庁が収集した商品カタログ、雑誌のような刊行物、企業のウェブサイトなどが収録されているようです。

回答日:2018年1月10日

無料相談

最新記事

セミナーレポート: 新製品開発に役立つ開放特許の…

2018年9月5日(水)に愛知県豊田市で開催された「知財ビジネスマッチングセミナー」の様子をレポートします。 …続きを読む

AI活用に積極的な特許庁と法務業界

特許庁から「平成30年度機械学習を活用した特許動向分析の実行可能性調査についての一般競争入札公告」のアナウンス…続きを読む

商標登録、商品やサービスとの関係

商標とは、商品やサービスに標章(名称やロゴなど)が用いられて初めて完成する取引上の「目印」のことです。 つまり…続きを読む

ゲームのアイデアはどのように保護されますか?

スマホゲームを開発してリリースする予定です。 このゲームのアイデアについて権利で守ることはできるのでしょうか?

Q&A
商標制度の変遷 - 新しいタイプの商標

商標制度は進歩しています。 立体的な商標が新しく認められ、最近では更に多くの形態の商標が登録できるようになって…続きを読む