知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
意匠公知資料とは?

知財トレンドに関する質問

意匠公知資料とは?

「意匠公知資料」ってなんですか?

すでに世の中に知られた「意匠」を調べるための資料です。

意匠登録には「新規性」「創作非容易性」が求められます。新規性とは、既に世に知られた意匠でないこと、創作非容易性とは既に知られた形状等に基づいて容易に創作することができないことを意味します。このとき、「すでに世に知られた意匠」を調べるための資料が意匠公知資料です。

もともと特許庁での審査に利用される意匠公知資料ですが、出願を検討する人などにとっても役立つ情報ですので、特許庁提供の検索システム J-PlatPat でも公開されています。
新規性や創作非容易性を考える上で、意匠登録出願の際に、出願しようとする意匠に関連してどのような意匠が既に世に知られているかを把握することは重要です。J-PlatPat の意匠公知資料は意匠公報の情報とともに、意匠登録出願の事前調査に役立つでしょう。

意匠公知資料には、特許庁が収集した商品カタログ、雑誌のような刊行物、企業のウェブサイトなどが収録されているようです。

回答日:2018年1月10日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む