知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
ゲームのアイデアはどのように保護されますか?

知財トレンドに関する質問

ゲームのアイデアはどのように保護されますか?

スマホゲームを開発してリリースする予定です。
このゲームのアイデアについて権利で守ることはできるのでしょうか?

特許, 著作権, 商標などでの保護が考えられます。

アイデアの保護はさまざまな知的財産制度によって多角的に行うことができます。

まず、操作や表示の制御に関して画期的な技術であれば特許での保護が可能です。古くはファイナルファンタジーのアクティブタイムバトルシステムが特許であったことは良い例です。ただし、単なるゲームのルールは、単なる人為的な取り決めであるとして、特許にならない点には注意が必要です。
特許の取得には、リリースや発表の前に出願をして、審査を受ける必要があります。

また、創作物として著作権での保護も考えられます。現在の著作権法の解釈ではテレビゲーム(ビデオゲーム)は映画の著作物と考えられていますので、真似して別のゲームを作成することは、著作権の侵害となります。また、ゲームのソースコードが盗まれたなどの場合には、そのソースコード(プログラム)も創作物として著作権による保護を得られる可能性があります。
著作権は特許のように出願などの手続をせずに利益を得られる点がメリットです。

ブランドやネーミングの工夫により商標権での保護も可能かもしれません。例えばゲームのタイトルを商標登録することにより、類似するタイトルの他のゲームを排除することができます。商標権も特許と同様に出願・審査が必要です。一方、商標権は一定期間で消滅する特許とは異なり更新ができますので、長期的な展開をお考えなら活用するメリットが大きいです。

知的財産権制度としては他に実用新案権意匠権がありますが、これらはテレビゲーム(ビデオゲーム)・スマホゲームについての適用が不可能またはかなり限定的になりますので、活用は難しいかと思われます。ボードゲームやカードゲームなど、として実現するゲームであれば、場合によっては実用新案権や意匠権といった制度を活用するケースもあります。

回答日:2018年9月7日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A