知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
日本で最初の商標登録は?

知財トレンドに関する質問

日本で最初の商標登録は?

商標登録第1号はどのようなものですか?

商標登録第1号は、京都の膏薬丸薬の商標です。

日本最初の登録商標は、京都府の平井祐喜によって明治17年10月1日(1884年10月1日)に出願され翌年6月2日に登録された膏薬丸薬(第一種膏薬丸薬)の商標です。

指を切った板前が描かれた図形の商標で、「この薬を塗ると傷が治る」という効能が表されているそうです。詳細は特許庁のデータベースJ-PlatPatで確認することができます。

なお、現在は権利が失効しています。また、これと同じ日に出願・登録された商標が、他にも5件(商標登録第2号~第6号)あるようです。

回答日:2019年2月8日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む