知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
日本で最初の商標登録は?

知財トレンドに関する質問

日本で最初の商標登録は?

商標登録第1号はどのようなものですか?

商標登録第1号は、京都の膏薬丸薬の商標です。

日本最初の登録商標は、京都府の平井祐喜によって明治17年10月1日(1884年10月1日)に出願され翌年6月2日に登録された膏薬丸薬(第一種膏薬丸薬)の商標です。

指を切った板前が描かれた図形の商標で、「この薬を塗ると傷が治る」という効能が表されているそうです。詳細は特許庁のデータベースJ-PlatPatで確認することができます。

なお、現在は権利が失効しています。また、これと同じ日に出願・登録された商標が、他にも5件(商標登録第2号~第6号)あるようです。

回答日:2019年2月8日

無料相談

最新記事

同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む

知的財産とセキュリティリスク

知的財産の管理はセキュリティとも密接な関りがあります。例えば、出願前に公に知られた発明は新規性を失ったものとし…続きを読む