知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
日本で最初の意匠登録は?

知財トレンドに関する質問

日本で最初の意匠登録は?

日本の意匠登録第1号はどのようなものですか?

「織物縞」のデザインが日本の意匠登録第1号です。

日本では明治21年に確立された意匠制度ですが、その登録第1号となったの「織物縞」の意匠です。栃木県足利市の須永由兵衛によって出願され、明治22年(1889年)に登録されています。

意匠登録第1号から第 100 号までのうち、43 件が織物に関する意匠登録であったとの記録が残っており、意匠制度が設けられた当初は織物に関する意匠登録が最も多かったとされています。当時の日本の急速な近代化の中で紡績などの産業が活発であったことが伺われます。

回答日:2016年1月23日

無料相談

最新記事

著作権が消滅した絵画をTシャツにプリントしてもい…

作者が亡くなって70年経過した絵画は著作権が消滅していると思います。その絵画ならTシャツなどの服にプリントして…続きを読む

Q&A
Appleの新製品を知財で予想

年一回開催されるApple社の新製品発表会。毎回どんな新製品が出てくるのか、どんな新サービスが始まるのか、楽し…続きを読む

特許はどこで調べられますか?

インターネット上で特許を調べられるサイトはありますか?

Q&A
アメリカのファイナルアクション(最終拒絶理由通知…
Q&A
モノを特定するのに登録番号は役に立つ

アメリカ留学していた際お世話になった教会の牧師夫人から、写真付きメッセージが届きました。 Any idea w…続きを読む