知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
盗まれたアイデアが特許出願されていた場合の対処法は?

トラブルに関する質問

盗まれたアイデアが特許出願されていた場合の対処法は?

自分の発明を盗んだ他人が勝手に特許出願してしまいました。どうすればよいでしょうか?

「特許を受ける権利」を有していない者によって特許出願されてしまった場合には、その権利を取り戻すことができます。

特許を受ける権利とは

特許出願を適法に行うためには、「特許を受ける権利」が必要です。
「特許を受ける権利」は発明が完成したときに発生し、発明者(一定の場合には会社)が所有しています。
「特許を受ける権利」を所有する真の権利者は、「特許を受ける権利」を自身で所有し続けることはもちろん、他人に譲渡することもできます。

盗まれた発明が特許出願されていた場合の対処

「特許を受ける権利」を有していない者によって出願されてしまった特許出願を、冒認出願といいます。
この冒認出願について、まだ特許が成立する前(審査前や審査中)であれば、真の権利者は、出願人の名義を変更することで、出願人としての権利を取り戻すことができます。
また、すでに特許が成立してしまっている場合であっても、真の権利者は、特許権の移転を請求の手続きをすることで、特許権者となることができます。(特許権が必要でない場合は無効審判により無効化を図ることもできます。)

このように、制度上は真の権利者が権利を取り戻す方法が用意されているものの、実際に冒認出願がなされてしまった場合、これを権利を取り戻すことは簡単ではありません。
例えば、出願人の名義を変更するためには、冒認出願をした出願人の合意を得るか、「特許を受ける権利」が自分のものであることの確認をとるために確認訴訟を提起する必要があります。
特許権の移転の請求でも、自身が真に特許を受ける権利を有していることを客観的に証明しなくてはなりません。
しかしながら、冒認出願の出願人から合意を得ることや、目に見えない「特許を受ける権利」を証明することは、困難な場合が多く、時間・費用・労力も相当にかかります。

冒認出願を防ぐためには

冒認出願を防ぐには、特許出願をするしないにかかわらず、発明をしたらその発明をできるだけ秘密にしておく必要があります。将来的に特許権の取得を考えられている場合には、なるべく早く、特許出願を行うことがよいと考えられます。
また、万が一冒認出願された場合に備えて、「誰がした発明か」を証明できるもの(例えば実験の資料や設計図など)を残しておくことも大切です。

回答日:2016年10月20日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A