知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
偽ブランドの商品を買うことは犯罪ですか?

トラブルに関する質問

偽ブランドの商品を買うことは犯罪ですか?

ネットショップで有名ブランドの偽物と思われるものを見かけました。
このような商品を買うことは犯罪になるのでしょうか?

「購入」だけでは商標法違反とはなりません。

ここでは日本の商標法に関して回答いたします。
偽物とたとえ分かって購入したという場合でも、購入したり、個人的にその品を使用する場合には商標法違反とはなりません。

一方で、その購入が再販目的での「仕入」である場合には、譲渡(販売)や譲渡等目的での所持の行為となり、商標法に基づく商標権の侵害行為となり得ます。商標権の侵害には商標法で「侵害罪」が定められていますから、これはれっきとした犯罪です。

小遣い稼ぎ的に偽ブランド品を販売して逮捕されるというケースもニュースなどで見かけることが多くなっています。インターネットなどで偽ブランド品を手にする機会も多くなっていますが、安易な気持ちで手を出すと大きな犯罪となってしまいますので気をつけてください。

なお、海外で偽物のブランド品を購入した場合には、輸入禁制品として入国時に税関で没収されます。
また、日本では購入品を個人的に使用することはただちに犯罪となるものではありませんが、例えばイタリアでは購入すること自体に罰金が課されています。国によって制度が異なりますので、海外でのショッピングでも注意すべき点でしょう。

回答日:2018年7月19日

無料相談

最新記事

トヨタのHV特許開放とその意義

少し前の話ですが、トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の関連技術について、約23,740件もの特許を他社へ無償…続きを読む

商号と商標の違いは?
Q&A
同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A