知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
商標はどのくらい似ていると訴えることができますか?

トラブルに関する質問

商標はどのくらい似ていると訴えることができますか?

登録した商標と同じではありませんが、そっくりなものを使っている人がいます。
どの程度似ていれば訴えることができるのでしょうか?

商標は「外観」「称呼」「観念」について似ているかどうかを判断します。

商標が似ていることを専門的には「類似」と言います。この類似の判断ですが、外観、称呼、観念のそれぞれについて判断されます。

外観とは、見た目のことです。カタチや位置・配置など、視覚を通じて感じる要素が近いものかどうかを検討します。文字としては異なるものでも、似ている文字(白と臼など)については意味は異なるものの外観上は類似との判断がなされることもあり得ます。

称呼とは、読み方・聞こえ方のことです。商標の使用者が「これはこの読み方」と独特の読み方を主張したとしても他に読み方が考えられる場合には、そちらの読み方も踏まえて判断することもあります。

観念とは、商標から思い描く印象のことです。「赤」と「レッド」は字面(外観)も読み方(称呼)も異なりますが、印象としてはトマトのような色として同じものを想起します。

これらの観点を総合的に踏まえて、商標の類似を判断します。そして商標が類似すると判断できるとき、商品やサービスも商標権で指定するものと同一・類似であれば、商標権者は類似する商標を使用する他人を訴えることができます。

また、商標の類似を判断するもう1つの考え方として、その商標を商品に付けることで消費者が商標権者の商品と間違えることがあるかどうか、という点があります。そもそも商標法はブランドを保護するものですので、消費者に混乱させないことがそもそもの目的だからです。

回答日:2018年10月24日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A