知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
拒絶理由通知書の再発行は可能ですか?

トラブルに関する質問

拒絶理由通知書の再発行は可能ですか?

拒絶理由通知書をなくしてしまいました。
特許庁に再発行を依頼することはできますか?

拒絶理由通知書の再発行依頼はできません。

特許庁に拒絶理由通知書の再発行を依頼できる制度はありません。再発行はできませんが、拒絶理由通知書を閲覧する方法はいくつかあります。

閲覧請求

特許庁に提出された書類、特許庁からの通知等については、特許庁に対して閲覧を請求することができます。
すでに一般公開されている案件であれば、誰でも閲覧が可能です。未公開の場合であっても、出願人等であれば閲覧が可能です。
閲覧請求には所定の手数料が必要になります。

J-PlatPat(特許庁のデータベース)

一般公開されている案件であれば、J-PlatPatで誰でも検索できます。ただし、意匠商標については、現在は審査段階の書類が非公開となっているためJ-PlatPatを使って拒絶理由通知書を閲覧することができません(2019年1月1日以降、順次閲覧可能になる予定です)。
J-PlatPatは無料で利用できますので、閲覧に費用は掛かりません。

また、代理人(弁理士や特許事務所)がいる場合には、出願人に代わってその代理人が拒絶理由通知書を入手することもできます。

回答日:2018年12月21日

無料相談

最新記事

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A
特許料・審査請求料等の減免申請手続が簡素化されま…

2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。 …続きを読む

改正著作権法 - 2019年4月1日施行分につい…

第1回、第2回と近年の著作権法改正について説明をしてきました。今回紹介する2019年4月1日施行の改正は「学校…続きを読む

中国で特許をとるにはどうしたらいいですか?

どのようにすれば中国で特許を取得できますか?

Q&A