知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
自社の商品ロゴと同じ商標が出願されているようです。

トラブルに関する質問

自社の商品ロゴと同じ商標が出願されているようです。

当社が使っている自社で商品につけているロゴと同じものが商標登録出願されているようです。
これを他人に商標登録されると困るのですが、何か打てる手はありますか?

情報提供制度によって審査での拒絶を促すことができます。

審査段階にある商標登録出願については、情報提供制度を利用することで特許庁に登録すべきでない理由を知らせることができます。

商標登録出願に関する情報提供について - 特許庁

商標を登録すべきでない理由としては、例えば次のようなものがあります。

  • 先に登録された商標と同一又は類似であること
  • 需要者の間で広く認識されている商標と同一又は類似であること

情報提供は匿名でもできますので、出願人に存在を知られることなく登録を阻止でき、後々のトラブルを避けられます。なお、匿名の場合でも情報提供があったことは、出願人にも伝わります。

情報提供をしたとしても最終的な判断は審査官に委ねられますので、必ずしも商標登録を阻止できるわけではない点には注意が必要です。

なお、既に商標登録されてしまったような場合は、登録異議申立や無効審判によって争うか、商標権者と許諾や買取の交渉をすることになります。こういった対処は手間もコストもかかることですので、なるべく早く商標登録出願を発見し、情報提供によって登録を阻止できることが望ましいです。
商標登録出願は特許庁の公開データベースJ-PlatPatでも確認することができます。

回答日:2019年3月27日

無料相談

最新記事

同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む

知的財産とセキュリティリスク

知的財産の管理はセキュリティとも密接な関りがあります。例えば、出願前に公に知られた発明は新規性を失ったものとし…続きを読む